病院統計(QI)

QI クォリティ・インディケーター(Quality Indicator)

クォリティ・インディケーターとは、病院の様々な機能や診療行為に関する情報について、適切な指標を用いて数値で表したものです。継続的にこれらの数値を把握して改善を図り、さらなる医療の質の向上を目指すことが重要とされています。
当院は、日本病院会によるQIプロジェクトに参加しております。
下記は、同プロジェクトに提出しているデータ等を元に作成した指標です。
1.死亡退院患者率
2.入院患者の転倒・転落発生率/入院患者の転倒・転落による損傷発生率
3.褥瘡発生率
4.紹介紹介率
5.逆紹介率
6.尿道留置カテーテル使用率
7.救急車・ホットライン応需率
8.特定術式における手術開始1時間以内の予防的抗菌薬投与率
9.特定術式における術後24時間以内の予防的抗菌薬停止率
10.職員におけるインフルエンザワクチン予防接種率
11.病床稼働率
12.平均在院日数

各指標はこちらをご覧ください[PDF:651.6KB]

参考
  • 一般社団法人日本病院会 QIプロジェクト(QI推進事業)
  • 聖路加国際病院 院長 福井次矢 監修 Quality Indicator2011 聖路加国際病院の先端的試み[医療の質]を測り改善する