しずおか日赤メールマガジンMailmagazine blog

しずおか日赤メールマガジン第196号

2021年12月1日

今年も終わりに近づき、街もどこか忙しない雰囲気に包まれる時期となりました。すっかり暗くなる時間も早くなりましたが、一方で街中に飾られた電飾が華やかです。
在宅勤務や巣ごもりで、家具やインテリア販売は引き続き好調だそうです。片付いた部屋で、今年もおうちクリスマスを楽しまれる方も多いのではないでしょうか。
行く年を惜しみつつも、新しい年に期待し、年の暮れを温かく過ごしていきたいものです。
それでは、メールマガジン第196号をお届けいたします。引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

変形性膝関節症について

10月に当院へ赴任した整形外科 窪田医師に変形性膝関節症についてうかがいました!

初めまして。10月に赴任しました整形外科の
窪田秀次郎と申します。
出身は静岡市清水区(旧清水市)になります。これから、静岡市の医療に少しでも貢献出来たらと思っております。
今回は宜しくお願いします。


さて、突然ですが[膝が痛い]と感じている方はいらっしゃいませんか?
中高年の方の場合、その痛みの殆どが変形性膝関節症とも言われております。
変形性膝関節症とは膝関節を構成する大腿骨、脛骨、膝蓋骨の表面を覆うツルツルとした軟骨組織が傷つき、摩耗しザラザラとした骨に[変形]する病気です。
ザラザラとした骨同士が接触する事により時に強い痛みが生じます。
厚生労働省では自覚症状を有する患者数は約1000万人、レントゲンにおける潜在的な患者数は
約3000万人。今後も患者数増加は変わらない事が予想されております。
まさに国民病とも言える変形性膝関節症について、今回はお気軽に御相談を頂ければと考えております。
Q1 変形性膝関節症になるとどのような症状が出現しますか?
まずは膝の[痛み]です。立ち上がる時や歩行する時、特に痛みが強くなります。
痛みと同時に膝関節内に[水](関節液)が貯まってくる方もいます。
他に膝が[変形]し膝が伸びなくなったり、曲がらなくなったりします。
進行すると正座が出来なくなります。
非常に歩き辛くなりますので生活の質が低下してしまいます。

Q2 原因は何でしょうか?
加齢性の変化ではありますが、それ以外にも体重や遺伝的な要素、生活環境、過去の膝のけが、過去の膝の手術等、様々な要素が複雑に絡んで変形性膝関節症へと移行します。

Q3 治療法にはどのようなものがありますか?
大きくわけて2つ、保存療法と手術療法です。
保存療法は運動療法(リハビリテーション)、内服薬、注射、装具療法等があります。また、肥満傾向の方には減量(栄養指導)をして頂きます。
まずは絶対的に保存療法が基本になります。これらの保存療法では改善が得られない時に初めて手術療法を考慮します。手術療法は代表的なものに人工膝関節置換術があります。痛みの原因である大腿骨と 脛骨の表面の骨を削り金属の被せ物をします。その間に軟骨の代わりになるポリエチレンを挟んで滑らかな動きを再現します。


Q4 手術は何歳まで受けられますか?
人生100年と言われている時代です。
もはや実年齢は記号でしかなく肉体年齢が肝要です。私自身、年齢によって手術適応を決めておりません。ただ、術後リハビリテーションが非常に重要ですので、やはりある程度は余力を持って(リハビリテーションに励める内に)手術に臨んで頂けたらと思います。

Q5 最後に患者さんに向けてお願いします。
2021年10月より西脇部長、中根医師と共に膝スポーツ・人工膝関節外来が始まりました。紹介状を持参して頂ける方は勿論、紹介状の無い方も診察させて頂きます。
膝に痛みのある方、手術を受けようか迷っている方、セカンドオピニオンでも構いません。
どうぞお気軽に御相談、御来院下さい。

令和3年度産科医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞いたしました!

当院は、昭和8年の開院時より現在まで88年の間、静岡市のお産を支えて参りました。このたびその功績を称えられ、令和3年度産科医療功労者厚生労働大臣表彰を受賞いたしました。
今年度は、個人41名・医療機関は当院を含め5施設が受賞対象となりました。今後も、時代の求めるニーズに寄り添いながら静岡の安心安全なお産を支え、より一層精進していく所存です。

産科医療功労者厚生労働大臣表彰とは・・・
長年にわたり、地域のお産を支え、日本の産科医療の推進に貢献したきた個人や医療機関の団体の功績を称えられものです。

しずおか日赤メールマガジン

カレンダー

最近の記事

タグ

アーカイブ

  • 2022年

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2021年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2020年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2019年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2018年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月