しずおか日赤メールマガジンMailmagazine blog

しずおか日赤メールマガジン第195号

2021年11月1日

朝晩の冷え込みが秋冬を感じさせる今日この頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか。
食欲の秋とはよく言うもので、美味しそうな食べ物ばかりに目が行きます。先日もデパートで行っている北海道物産展へ行ってきました。物産展へいくと旅行気分を味わえる上に、美味しいものも手に入れることができ嬉しいイベントです。ところが、本号のテーマでもある「隠れメタボ」が増えているという現実。予防策も心得て、美味しいものも楽しみましょう。それでは、メールマガジン第195号をお届けいたします。引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。
 

太っていなくても油断は禁物「隠れメタボ」あなたは大丈夫?

コロナ禍で増加中?! 注意したい「隠れメタボ」

前号に引き続き「隠れメタボ」について、健診センター部長 神野豊久先生にお話しいただきます

最近の人間ドックの結果を見ていますと、体重や腹囲が増加傾向にある方が増えたように感じます。加えてよく見かけるのが、血圧、血糖、脂質、尿酸といった生活習慣病の関連項目が悪化傾向にある方。昨年来のコロナ禍で外出などの娯楽が制限される中、「食」の充実に楽しみを見出している人が多く、そうした現象が健診結果の変化にも表れているように思います。そこで今回は、近年注目される「隠れメタボ」の問題についてお伝えします。

 

一見スリムでも油断は禁物、特に女性は要注意

「隠れメタボ」とは、体型は肥満ではないものの、高血圧、高血糖、脂質異常のうち2つ以上に当てはまる状態のこと。具体的には「男性は腹囲85cm未満、女性は同90cm未満」「肥満度を示す体格指数(BMI:図1)が25未満」と肥満ではない状態で、かつ図2の項目のうち2つ以上に該当する場合です。
名古屋芸術大学の下方教授の研究調査によれば、隠れメタボの対象者は全国で900万人超と推計されています。また「メタボ」と聞くと中年男性を思い浮かべる方もいるかもしれませんが、この推計では男性380万人、女性534万人と女性のほうが男性より1.4倍も多い。当院でドックを受診された方に関しても、隠れメタボに該当する方の割合を男女別に調べてみたところ、2019年度(コロナ禍前)と2020年度(コロナ禍以降)では、男性では約2%、女性では約4%の増加が認められています(図3)。
隠れメタボの人は、見た目にはそれほど太っていなくても、胃や腸など内臓のまわりに脂肪がたっぷりついた状態になっています。内臓脂肪が多くなれば代謝の異常が起こり、結果的に高血圧、高血糖、脂質異常をきたす可能性が高くなる。これらは動脈硬化の原因であり、動脈硬化が進行すれば狭心症や心筋梗塞、脳梗塞、さらに認知症になるリスクも高くなります。
 

生活改善でリスク対応は可能、定期的な健康受診を

見た目からは異変に気付きにくい「隠れメタボ」ですが、定期健康診断で血液検査を受ければ各項目の異常はすぐわかりますし、医師の指導に従って生活習慣を改めれば、健康上のリスクは確実に下げられます。当院健診センターでは、受診される方のニーズに少しでも応えるべく、さまざまな検査を揃えております。自分がどの検査を受ければいいのかわからず不安な場合には、個別に相談に応じることもできるので、迷っている方はぜひお問い合わせください。

第49回日本頭痛学会総会 市民公開講座
今こそ知りたい!片頭痛が楽になる新しい治療 

頭痛治療を専門としている当院脳神経内科部長の今井昇医師が第49回日本頭痛学会総会 会長を務め、市民の皆さまを対象に市民公開講座を開催いたします。片頭痛治療の新しい情報を知るチャンスです!お気軽にお申し込みください。

詳しくはこちらをご覧ください。[file:zutsushiminkouza20211120.pdf]

お申し込みはこちらから。

しずおか日赤メールマガジン

カレンダー

最近の記事

タグ

アーカイブ

  • 2022年

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2021年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2020年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2019年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月

  • 2018年

    • 12月

    • 11月

    • 10月

    • 9月

    • 8月

    • 7月

    • 6月

    • 5月

    • 4月

    • 3月

    • 2月

    • 1月