ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 脳神経外科

このページを印刷する

脳神経外科

診療方針・理念

低侵襲治療を実践しています。

脳神経疾患の治療には大きな危険を伴うことが多く、また手術侵襲も大きくなりがちです。そこで当科では治療方針を慎重に検討しています。まず本当に手術が必要か否か、他に変わる治療がないかを、常に最新情報を元に検討し、低侵襲な治療を目指しています。
また手術にあたり、顕微鏡手術のトレーニングを日々行うことにより、最高の技術の提供を目指しています。

対象疾患

  • 脳腫瘍
  • くも膜下出血
  • 脳内出血
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 頭部外傷
  • 慢性硬膜下血腫
  • 下垂体腫瘍
  • 三叉神経痛
  • 顔面痙攣
  • 水頭症
  • 脳梗塞
  • 頸動脈狭窄症

耳鼻咽喉科との連携により、治療困難な頭蓋低腫瘍の手術も行っています

診療内容

救急外来、一般外来、検査、手術加療を行っています。

【救急外来】

頭部外傷、脳卒中に対し迅速に対応しています。緊急手術が常に可能な状態となっています。

【一般外来】

頭痛、頭重感などの中に潜む危険な疾患を迅速に診断し治療を行います。
運動感覚障害、言語障害、意識消失などの原因を診断し、治療を行います。
他院で診断された疾患の治療についてご相談をお受けします。
当院検診センターで脳ドックを行っており、異常が認められた場合診療を行います。

【検査】

CT、MRI、脳血管撮影、SPECT(核医学検査)、脳波検査を行っています。

【手術】

最新顕微鏡装置、内視鏡を使用し正確、確実な手術を行っています。


顕微鏡を使用した手術


診療実績

主な診療実績

 

 H25H26H27H28H29
手術件数190186210185229
脳腫瘍17262527 11
脳動脈瘤クリッピング術35302828 39
脳動脈瘤コイル塞栓術    7
バイパス術38145 5
動脈内膜剥離術551525 20
頸動脈ステント術     8
急性期血栓回収術     4

手術を受けられる方へ

NCD事業への参加

 当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
 この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
 この法人における事業を通じて、患者さまにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当院が患者さまに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

NCDに登録する情報の内容

 当院で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢や身長、体重など)を登録します。NCDに患者さまのお名前を登録することはなく、氏名とは関係のないIDを用いて登録します。IDと患者さまを結びつける対応表は当院で厳重に管理し、NCDには提供しません。

登録する情報の管理・結果の公表

 登録する情報は、それ自体で患者さま個⼈を容易に特定することはできないものですが、患者さまに関わる重要な情報ですので厳重に管理いたします。
 当院及びNCDでは登録する情報の管理にあたって、情報の取り扱いや安全管理に関する法令や取り決め(「個人情報保護法」、「疫学研究の倫理指針」、「臨床研究の倫理指針」、「医療情報システムの安全管理に関するガイドライン」等)を遵守しています。
 データの公表にあたっては、NCDが承認した情報のみが集計データとして公表されます。登録するデータがどなたのものであるか特定されることはありません。

登録の拒否や登録情報の確認

 データを登録されたくない場合は、登録を拒否して頂くことができます。当院のスタッフにお伝えください。
 また、登録されたご自身のデータの閲覧や削除を希望される場合も、当院のスタッフにお知らせください。なお、登録を拒否されたり、閲覧・修正を希望されたりすることで、日常の診療等において患者さまが不利益を被ることは一切ございません。


NCD(一般財団法人National Clinical Database)について

JNDについて