ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › がん支持療法・緩和ケア科

このページを印刷する

がん支持療法・緩和ケア科

診療方針・理念

 がん患者もしくは生命に関わるような疾患や状態を患った患者、そのご家族に対して治療のどの段階からでもどのような内容であっても相談を受けます。
 患者さん、ご家族の主体性を重んじた療養生活を支援いたします。

対象疾患

  • がん(腫瘍全般)
  • 治療不能であり生命にかかわる疾患

診療内容

主に下記事項を外来にて診療いたします。
・がん相談
 診断時から治療終了後を含めて、治療の時期を問わず様々な悩みの相談
 治療や療養に関する選択の意思決定支援(Advance care plannig アドバンスケアプラニング)

・症状緩和
 がんによる様々な症状の緩和治療:痛み、呼吸困難感、消化器症状(腹部膨満、嘔気、食事摂取不良など)、浮腫など
 化学療法中の副作用対応:栄養食事摂取低下、だるさなど
 状況に応じて心のケア外来(精神科医)、栄養相談(管理栄養士)、リハビリ相談(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士)などの専門職への紹介

・在宅療養のための地域連携調整
 介護保険申請時期の相談
  在宅医やケアマネ、訪問看護師などの地域リソースに繋げる相談

※入院したときは
・主たる治療診療科入院の場合には院内緩和ケアチームとして引き続きサポートいたします。
・当科で入院した場合には、診療部長の白石が所属する外科病棟(主に2-5病棟)にて外科スタッフと協働したチーム体制で診療いたします。