栄養課ブログNourishment blog

栄養課だより2021年12月号   体を内側から温めましょう

2022年1月26日

体を内側から温めましょう

だいぶ寒くなり冬本番となってきました。冷えに悩まされる方も多いのではないでしょうか?血行が悪くなると、末端である手先や足先の血液の量が少なくなり、冷えの症状が現れます。全身の末端部分まで血液を送り込み、血行をよくするためには、主食・主菜・副菜がそろった食事から、さまざまな栄養素をバランスよく摂ることが基本です。
東洋医学では、食べ物を陽性(体を温めるもの)と陰性(冷やすもの)に分けています。体を温める食材は水分が少なく地中に育ち、冬が旬、体を冷やす食材は水分が多く地上に育ち、夏が旬のものが多い特徴があります。納豆などの発酵食品も体を温めてくれます。また、体を冷やす食材も加熱調理したり、体を温める食材と組み合わせることでその効果を和らげることが出来ます。ぽかぽか温まるおすすめレシピを紹介します。
 
レンジで簡単!鶏の塩こうじ蒸し ~たっぷりの薬味ダレで~
一人分 エネルギー   196kcal
    たんぱく質     19.1g
    塩分      1.4g
<材料>4人分
鶏ムネ肉(一口大そぎ切)            300g
 塩こうじ                                大さじ1/2
 (ない場合は塩コショウ少々)
 酒                                          大さじ1
もやし                                      1袋
長葱(みじん切り)                  1.5本
しょうが(みじん切り)          大1片
 ごま油                                   大さじ1
 サラダ油                                大さじ1
 しょうゆ                                大さじ2
 砂糖                                       大さじ1
細葱(小口切り)                          少々
(お好みで一味唐辛子適量)
<作り方>
1.鶏ムネ肉を塩こうじ、酒でよくもみ込み5分程おく
2.皿にもやしを敷き、1をのせラップをかけて電子レンジ600Wで約5分加熱する(鶏ムネ肉に火が通ったことを確かめる)
3.鍋にごま油、サラダ油を入れ長葱としょうがを炒め、香りが出たら火を止めてしょうゆ、砂糖を加えて混ぜる
4.2の上に3をかけて細葱を散らして出来上がり(お好みで一味唐辛子をかける)
11月17日に米飯についてのアンケートを行いました
味については99%の方から「おいしい」、「普通」と回答していただきましたが、温度については39%の方から「もっと温かい方が良い」、「冷たい」との回答をいただきました。温かい食事を提供できるよう、配膳直前まで料理や食器を温めるなど、今まで以上に心がけます。
皆様からいただいた貴重なご意見を参考に、より美味しい食事を提供していくように努めてまいります。

カレンダー

最近の記事

タグ

アーカイブ

  • 2022年

    • 6月

    • 4月

    • 3月

    • 1月

  • 2021年

    • 11月

    • 10月

    • 8月

    • 7月

    • 2月