看護師を目指す方へ

患者さんにも、スタッフにも優しい病院に

療養環境を改善し、患者さんには快適な入院生活を過ごしていただけるように配慮。そこで働くスタッフにも優しい環境を整備しました。
新しい病棟でも楽しく働いています
白を基調とした広い廊下
モダンな雰囲気の病室

看護部長よりみなさんにメッセージ

“あなたも私も大切なひとり”

静岡赤十字病院は救命救急センターを併設し、地域の中核を担う急性期病院です。看護師は「患者さんの最も身近な存在として、その人らしさを大切にしたケアを提供します」という理念に基づき、患者さん一人ひとりに寄り添い「赤十字病院で治療・看護を受けてよかった」と満足していただける看護を実践しようと努めています。
入院される患者さんやご家族は、様々な不安を抱えていらっしゃいます。患者さんの最も身近な存在として寄り添い、気持ちを受け止め、患者さん・ご家族が心安らぐ看護、納得できる看護を提供したいと思います。もちろん、身体的な回復は重要です。「一日でも早く回復できるように」の願いを込めてケアを実践し、患者さんの持っているセルフケア能力を高め、患者さんが自らの力で自立できるように支援します。
患者さんを大切にした看護を実践するためには、看護職が生き生きと働くことができ、人として看護師としてともに育つ環境が重要です。
教育体制の整備、ラダーによる教育支援、PNS看護方式による看護実践、フィッシュ活動、12時間勤務体制の検討などに力を入れています。私たち看護部は、「赤十字の看護師が一番優しくて、温かい」と言ってくださる患者看護職を支え続けていきます。
副院長兼看護部長 間淵 元子