ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 血管外科

このページを印刷する

血管外科

診療方針・理念

 われわれ血管外科は、基礎として一般外科(消化器、乳腺、肝胆膵、呼吸器外科)のトレーニングを十分積んだ上、血管外科を専門としている事が特徴といえます。血管外科として質の高い専門医療の提供は勿論のこと、全身の脈管疾患を抱えたリスクが高い疾患に対しても、外科全般の知識を総動員し、心臓外科、脳神経外科をはじめとした院内の他の専門診療科と合同で協議することで、安全な医療を提供することを目指しております。また、従来の外科手術に加えて、低侵襲であるカテーテル治療を用いた血管内治療も研鑽し、胸部・腹部大動脈瘤に対するステントグラフト治療や下肢血行障害(閉塞性動脈硬化症)に対する血管内治療、頸動脈狭窄症に対する血管内治療、下肢静脈瘤に対するレーザー治療など、多くの血管疾患に対する最新の治療にたいしても、健康保険内において十分に提供することができます。

対象疾患

  • 下肢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)
  • 胸部大動脈瘤
  • 腹部大動脈瘤
  • 頸動脈狭窄症
  • 下肢静脈瘤
  • 内シャント
  • 静脈血栓症
  • リンパ浮腫
  • その他、脈管疾患
  • 胸部大動脈瘤や頸動脈狭窄症など心臓、頭部につながる疾患については、心臓外科、脳神経外科と協議の上、治療方針を決定します。