ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 呼吸器外科

このページを印刷する

呼吸器外科

診療方針・理念

エビデンスに加え個々の状況を考慮に入れたオーダーメイドの治療

当科が目指しているのは、「職人による手作りの仕事=治療」です。医学的証拠(エビデンス)に基づき治療方針を決めることは大切で、これを無視して治療はできません。しかしエビデンスに縛られすぎると、最善の治療ができないことがあるのも事実です。当科では、患者さん一人ひとりの体力、病気の程度、社会的背景を十分に考慮し、オーダーメイドの治療をお届けします。
なお、エビデンスを熟知している証拠にはなりませんが、私は外科・呼吸器外科・胸部外科の専門医・指導医資格を有し、日本呼吸器外科学会では評議員も務めさせていただいております。また体力には自信があり、例年360日ほど出勤しておりますが、至って元気です。

対象疾患

  • 肺癌
  • 縦隔腫瘍
  • 気胸、膿胸
  • 手掌多汗症
  • 胸部外傷 等

呼吸器外科が担当するのは、肺や気管・気管支等の呼吸器、胸腺や神経・胸管等の縦隔(左右の肺の間)臓器、そして肋骨や横隔膜等の胸郭です。そこに起こる病気、外傷が対象疾患です。特に苦手はなく、すべて診させていただいております。中でも肺癌は東北大学在籍時より、専門的に研究も行ってきたので、今後とも力を入れていきたいと考えています。

診療内容

技術と判断力で患者さんの病気と闘います

主たる診療である手術について述べさせていただきます。手術の際には胸腔鏡を積極的に利用し、キズを小さくするよう努力しています。これにより患者さんの体のダメージも減り、術後の早期離床が可能となり、回復も良く退院も早くできるようになりました。小さめとはいえ、キズもきれいに仕上げさせていただきます。手術の安全度も高いと自負しています。原発性肺癌についてご説明しますと、今まで私が手術をさせていただいた436名の患者さんのうち、術中死は0名、術後1ヶ月月以内の死亡である術死は1(0.23)、全手術関連死亡は術死も含め3(0.69)でした。さらに0%に近づける努力を続けたいと考えています。

診療実績

平成27年度の治療実績について

◎全身麻酔手術件数 73例

  ≪内訳≫
  • 原発性肺癌 23例
  • 転移性肺癌 5例
  • 良性肺腫瘍 2例
  • 荒蕪肺 2例
  • 肺アスベルギローマ 1例
  • 肺挫傷 1例
  • 気胸 21例
  • 膿胸 4例
  • 肺瀰慢性病変生検 3例
  • 縦隔腫瘍 7例
  • 胸壁腫瘍 2例
  • 手掌多汗症 2例
このうち胸腔鏡単独もしくは胸腔鏡補助下小開胸で行った症例は68例でした。小さな創で手術を行うことにより、肺葉切除の患者さんでも術後7日、肺部分切除の患者さんでは術後4日に退院していただけました。

手術を受ける方へ