ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 外科・消化器外科

このページを印刷する

外科・消化器外科

診療方針・理念

すべての外科的疾患に対して満足度の高い治療を提供します。

  • 「迅速」「良質」「安全」な外科医療の提供を行います。
  • 静岡地域の医師、患者に選ばれる外科を目指します。

対象疾患

  • 消化器疾患(食道、胃、小腸、大腸、肛門、肝臓、胆道、膵臓)
  • 内分泌疾患(乳腺、甲状腺)
  • その他(ヘルニア、イレウス、腹膜炎など)

外科のすべての疾患に対応します。

診療内容

外科疾患に対して的確な診断と、適正な治療を行います。

最近のトピックスとして以下のものがあります。
【低侵襲手術】
  • 腹腔鏡を用いた消化器手術(胆嚢、胃、小腸、大腸、虫垂)
【乳癌に対する乳房温存手術+センチネルリンパ節生検】
【消化器癌・乳癌に対する集学的治療】
手術のみならず抗癌剤、放射線療法をも組み合わせます。地域連携パス(s-net)を用いて診療にあたります。
【栄養サポートチーム(NST)による栄養管理】

診療実績

平成27年の手術実績について

一般・消化器外科の年間手術総数は570件(全身麻酔率89.1%、緊急手術121件)でした。
 

手術を受ける方へ