ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 形成外科

このページを印刷する

形成外科

診療方針・理念

患者さんのQOLの向上・早期社会復帰のお手伝いを行っています。

形成外科は先天性あるいは後天性の病気によ体表の皮膚筋肉や脂肪といった軟部組織、骨組織または臓器の一部含めた変形欠損を機能的かつ形態的に再建修復を行う専門分野なります。形成外科単独で診療に当たる病気以外にも、乳がんで乳房を取ってしまわれた方の乳房再建や、頭頸部がんの手術後の組織欠損の再建、あるいは糖尿病、動脈硬化の悪化によりできた潰瘍の治療など、さまざまな診療科の病気も対象として、正常に近い状態に戻すように再建治療しています。このように形成外科は、さまざまな診療科と協力して患者様のQOLの向上・早期社会復帰のため、治療のお手伝いを行っています。

対象疾患

  • 熱傷(火傷)
  • 顔のケガ  顔面の骨折 顔の傷(切り傷・擦り傷など)
  • 先天異常  耳瘻孔、副耳などの耳の先天異常、多指(趾)症・合指(趾)症などの手足の先天異常、臍ヘルニア(でべそ)
  • 顔や体のできもの・あざ  良性腫瘍 太田母斑、異所性蒙古斑など
  • 皮膚癌、乳癌切除後の再建
  • 傷あと  ケロイド、外傷後・手術後の瘢痕 など
  • 床ずれ、足潰瘍  褥瘡 難治性潰瘍などの難治性潰瘍
  • 美容  ほくろ、シミ、そばかす
  • その他  眼瞼下垂(瞼の垂れ下がり)、腋臭症(ワキガ)、陥入爪(巻き爪)、陥没乳頭(女性)、女性化乳房(男性)など

診療内容

通常の形成外科手術の他に、以下の治療も行っています。

  • レーザー治療   太田母斑や異所性蒙古斑などのあざ(保険治療)や老人性色素斑、雀卵班などのシミ・そばかす(自費治療)に対するQスイッチルビーレーザー治療を行っています。色素性母斑などの良性腫瘍(自費治療)に対するCO2レーザー治療を行っております。
  • ピアスの穴開け(自費治療)                                                   医師により安全に処置を行います。
  • 巻き爪、陥入爪に対する矯正治療(自費治療)                                         これまでの手術による治療にかわって、超弾性ワイヤーによる爪の保存的矯正治療を行っています。
  • 腋窩多汗症に対するボトックス治療(保険治療)                                      ボトックス注射による治療を行っています。4~9ヶ月に1回の継続治療が必要になります。
  • フットケア                                                               近年増加傾向にある閉塞性動脈硬化症、糖尿病性などにともなう難治性潰瘍の治療や下肢のスキンケア指導、オーダーメイドのフットウエア(靴)の作成を行っています。形成外科専門医、血管外科専門医、糖尿病内科専門医、糖尿病看護認定看護師、フットケア指導士、義肢装具士によるフットケアチームでのチーム医療を行っています。

診療実績

平成27年度 実績(手術件数)

外傷(熱傷、顔面骨骨折など)・・・・57件
先天異常・・・・11件
腫瘍切除・再建・・・・・・180件
難治性潰瘍・・・・・68件
瘢痕拘縮・ケロイド・・・・・12件
炎症・変性疾患・・・・・26件

診療内容

症例写真

眼瞼下垂症

術前

術後


 

 

鼻部基底細胞癌

術前

術後

 

異所性蒙古斑

レーザー治療前

レーザー治療後