ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 薬剤部

このページを印刷する

薬剤部

設備紹介

安全性、正確性、効率性を追求しています。

薬剤部では、調剤監査システム、注射薬自動払い出し機を利用した注射薬監査システム、医薬品管理システム、高カロリー輸液の調製を行うクリーンベンチ、抗がん剤の調製を行う安全キャビネット等を備え、より安全で、正確で、効率性の高い業務を追求しています。
 

散薬監査システムを利用した調剤

注射薬払出機を利用した注射薬調剤

安全キャビネットでの抗がん剤調製

 

組織・スタッフ

薬剤部の構成を紹介します。

薬剤部は部長、課長、係長、薬剤師、調剤助手、事務合わせて約28名のスタッフで構成されています。部内には調剤課、薬品管理課、医薬情報課、病棟業務課がありますが、多くの薬剤師は課を横断しフレキシブルに活動しています。

所属長より

明るく活気にあふれた職場です。

ひとりひとりの能力を発揮するにはまず職場の環境が整っていなければなりません。
私たちは明るく、活気にあふれた、そしてお互いに助け合う、働きやすい職場を常に心がけています。
その上で個々の職能を発揮させて、「薬あるところに薬剤師あり」と言われるような「顔の見える、さらには結果を残す薬剤師」を目指しています。そのために所属長は薬剤師のスキルアップや専門資格取得のための最大限のサポートを行っています。
薬剤部に対する他部門からの期待度は大きく、その期待に応えるべく部員一同日夜努力しています。

スタッフより

1年目の薬剤師から、薬剤師志望の皆さんへ。

薬剤部では内服薬・外用薬・注射薬の調剤、高カロリー輸液・抗癌剤の無菌調製、医薬品の品質や情報の管理、服薬指導など薬に関する様々な業務を行っています。院外処方に移行してからはより積極的なチーム医療への参加が可能となり、現在は各病棟に専任の薬剤師を配置しています。また、勉強会に意欲的に参加して各分野の認定薬剤師や専門薬剤師などの資格の取得を目指すなど、薬剤部の一人一人が意識を高く持ち、日々の業務に励んでいます。私はまだできる仕事が多くはありませんが、患者さんや他のスタッフに信頼される薬剤師を目指して学んでいきたいと思っています。もうすぐ、先輩薬剤師の指導のもと、私も病棟業務に携わる予定です。2年目の先輩は既に病棟専任薬剤師としてひとり立ちしています。当院薬剤部は業務を行う上で疑問点が生じても他のスタッフに質問・相談しやすい環境にあり、症例検討会などの部内研修も盛んに行っています。薬薬連携の一環として近隣調剤薬局に向けた吸入指導や抗癌剤の勉強会を開催するなど、様々なことに挑戦しています。やる気次第でステップアップができる場所です。ぜひ見学にいらしてみてください。

病院見学について

当院では、随時病院見学を受付けております。
見学を希望される方は、見学希望日等を下記までご連絡ください。
病院見学に関するお問い合わせ 〒420-0853
静岡県静岡市葵区追手町8-2
静岡赤十字病院  TEL:054-254-4311(代表)
  E-mail:kensyu@shizuoka-med.jrc.or.jp
総務課 人事係 大木(内線3497)
薬剤部長 堀内(内線8164)