ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › リハビリテーション科

このページを印刷する

リハビリテーション科

診療方針・理念

 当院では医師の他に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフ、看護師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどが連携し、1人の患者さんにかかわりを持つすべてのスタッフがその患者さんに関する情報を共有し、早期社会復帰やQOLの向上のために系統的なリハビリテーションを行っています。

対象疾患

  • 通常リハビリテーション診療は対象となる病気やケガによって4つのカテゴリーのいずれかに属します。
  • 脳血管疾患等リハビリテーション;頭部外傷、脳血管疾患、中枢・末梢神経疾患、失語症、廃用症候群など
  • 運動器リハビリテーション;上下肢の外傷、脊椎脊髄疾患、関節の炎症性疾患などの整形外科領域
  • 呼吸器リハビリテーション;急性・慢性の呼吸器疾患、手術前後の呼吸機能訓練
  • 心大血管疾患リハビリテーション;急性・慢性心大血管疾患、末梢血管疾患

診療内容

外来診療;リハビリ訓練室に隣接したリハビリ科診察室にて運動器疾患の患者を中心に、すべての科からのリハビリ依頼に対応しています。通院リハビリを行う患者さんは直接リハビリ科受付で手続きをしていただくことにより待ち時間の短縮につながっております。

入院患者の診療;脳血管疾患、運動器疾患を中心に入院患者の多職種間カンファレンスを実施しており患者の早期社会復帰、ADLの拡大に努めています。

地域連携;大腿骨頸部骨折地域連携クリティカルパス、脳卒中連携ネットワークなどを介して近隣施設と当該疾患の診療連携を実施しています。 

当院退院後の対応(回復期・維持期のリハビリテーション)
 当院で急性期のリハビリを終了した後はそのまま退院して自宅に戻る場合と、さらなるADLの拡大や社会復帰に向けて回復期リハビリテーション病院へ転院し、リハビリを続けていただくケースがあります。さらに、患者さんの状況に応じてソーシャルワーカーの関与のもと、介護老人福祉・保健施設等への入所も支援いたします。

施設基準について;疾患別リハビリテーションごとに、専任医師の有無、多職種間の連携状況、リハビリスタッフの充足度、リハビリ施設の設備等により施設基準が認定されます。当院では、脳血管疾患等リハビリテーション、運動器リハビリテーション、呼吸器リハビリテーション、心大血管疾患リハビリテーションのすべてにおいて施設基準(Ⅰ)を取得しています。


診療実績

主な診療実績(平成25年度)

 平成25年度に当科でリハビリテーションを実施した患者数は延べ34,606名(入院29,471名、外来5,135名)でした。運動器疾患・外傷、脳血管疾患、廃用症候群等を診療する機会が多い、整形外科、神経内科、内科、外科、脳神経外科からの依頼が約90%を占め、それ以外の科からの依頼も増加傾向でした。
 疾患別リハビリテーションでは、運動器リハビリテーション14,958名、脳血管等リハビリテーション18,800名(廃用症候群10,743名)、で廃用症候群の増加が目立ちこの2つが大多数を占めていました。