ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 皮膚科

このページを印刷する

皮膚科

診療方針・理念

生活の質:QOLを考え、希望に沿った治療をしています。

例:アトピー性皮膚炎、じんま疹、尋常性ざ瘡/にきびは治療ガイドラインに沿った治療を行います。

対象疾患

  • 痒みや痛みのある皮膚疾患
  • 自覚症状のない皮膚疾患  

じんま疹、アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎/かぶれ、足白癬/みずむし、疥癬などは痒みがあります。発疹がなくて痒みだけは皮膚そう痒症です。帯状疱疹/おびちょう、単純性疱疹/単純ヘルペス、丹毒、せつ/おでき、鶏眼/うおのめ、結節性紅斑は痛くて発熱することもあります。皮膚癌、円形脱毛症、爪白癬、尋常性乾癬は痛くも痒くもありません。

診療内容

難治な疾患には、侵襲のない独自の治療も行っています。  

じんま疹:速効性の併用禁忌のない肝臓腎臓に負担の少ない眠けの少ない抗ヒスタミン剤を生活に合わせて内服します。
アトピー性皮膚炎:免疫調整剤・ステロイド剤外用です。
尋常性ざ瘡:外用が基本ですが、重症度に応じて抗生物質内服も併用します。
皮膚癌:部位や大きさや種類によって、形成外科や癌専門病院へお願いしています。
爪白癬:内服が基本ですが、内服に制約がある時はビタミンD3と抗真菌剤外用を併用しています。