ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › リハビリテーション科部

このページを印刷する

リハビリテーション科部

急性期のリハビリテーションの充実を目指しています。

 当院は地域の中核病院として急性期医療を担っており、主に急性期加療中の患者さんに対して早期の自宅・社会復帰するために発症後できるだけ早期に積極的なリハビリテーション(理学療法、作業療法、言語聴覚療法)を実施しております。
 主な対象は、変性疾患・骨折外傷後の整形外科疾患、脳卒中などの脳血管障害、心疾患、呼吸器疾患、各種がん疾患など当院各診療科から依頼された患者さんにリハビリテーションを提供しております。

部門の理念・方針

 当院では医師の他に、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などのリハビリスタッフ、看護師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどが連携し、1人の患者さんにかかわりを持つすべてのスタッフがその患者さんに関する情報を共有し、早期社会復帰やQOL(生活の質)の向上のために系統的なリハビリテーションを行っています。

<当院退院後の対応(回復期・維持期のリハビリテーション)>
 当院で急性期のリハビリを終了した後はそのまま退院して自宅に戻る場合と、さらなるADLの拡大や社会復帰に向けて回復期リハビリテーション病院へ転院し、リハビリを続けていただくケースがあります。さらに、患者さんの状況に応じてソーシャルワーカーの関与のもと、介護老人福祉・保健施設等への入所も支援いたします。

当部門の特色

<外来診療>
リハビリ訓練室に隣接したリハビリ科診察室にて運動器疾患の患者を中心に、すべての科からのリハビリ依頼に対応しています。通院リハビリを行う患者さんは直接リハビリ科受付で手続きをしていただくことにより待ち時間の短縮につながっております。

<チーム医療>
各病棟の医師・看護師などの他職種と連携して早期社会復帰、ADLの拡大に努めています。また、転倒転落防止作業部、糖尿病教室、NST(栄養サポートチーム)、RST(呼吸サポートチーム)、褥瘡予防、フットケア、がん支援緩和ケア、精神科リエゾン、訪問看護リハビリなど数多くのチーム医療に関与しています。

<対象疾患>
・脳血管疾患等リハビリテーション;頭部外傷、脳血管疾患、中枢・末梢神経疾患、失語症など
・運動器リハビリテーション;上下肢の外傷、脊椎脊髄疾患、関節の炎症性疾患などの整形外科領域
・呼吸器リハビリテーション;急性・慢性の呼吸器疾患、手術前後の呼吸機能訓練
・心大血管疾患リハビリテーション;急性・慢性心大血管疾患、末梢血管疾患
・廃用症候群リハビリテーション;急性疾患等に伴う安靜による廃用症候群
・がん患者リハビリテーション;がん患者全般