日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ
臨床研修事務局の森です。
勤務終了後、病院から徒歩5分のカレー屋さんで研修医の先生方と遭遇し、お写真を撮らせていただきました。

静岡赤十字病院は街中に位置し、周囲に食事所がいくつもあるため、帰宅前に寄って食事を済ませてしまうこともできます。
忙しない研修の中、料理を作る以外の選択がとれるのも当院の立地の良さ。
ご見学にいらした際は、駅からの道中にも注目してみてください。
先生方、突然の撮影依頼に快く応じていただきありがとうございました!

 

 


こんにちは、臨床研修事務局の森です。
9月2日(日)に行われた災害救護訓練には、研修医の先生方にもご参加いただきましたのでご紹介いたします。

本訓練では、災害対策本部の立ち上げから、模擬患者さんにご協力いただいてのトリアージ実施、各診療エリアでの受け入れなど、一連の運用を確認しました。

普段は総合受付エリアである1号館1階には災害対策本部が設置され、多くの職員が行き来して対応にあたりました。

訓練開始前の1枚

搬送された患者さんの診察

普段と異なるホールの様子

 


2018年9月3日

こんにちは。研修医1年目の高橋洵行です。

研修がはじまって5か月が立ち、ようやく落ち着いて勉強する余裕も出てきたところです。
僕は今、内科をローテートしています。内科研修の1日のスケジュールについて紹介したいと思います。

<午前>
7時50分~ 総合内科のカンファ+回診
その後 カルテ記載 手技など

<午後>
専門内科のカンファ、検査など
17時頃~ 総合内科の回診

毎朝7時50分から、総合内科の新入院患者さんについてカンファがあります。
その後、チームに分かれ回診を行います。
回診の際、上級医と患者さんの治療方針などについて相談します。
回診後、各自患者さんの診察に行き、検査結果の確認などをし、カルテを記載します。
腰椎穿刺やCV挿入といった手技が入ることもあります。

午後は、日によりますが、並行してローテートしている専門内科のカンファがあったり、心カテや気管支鏡に助手として参加したりします。
また、救急外来から緊急入院があると、救急外来に呼ばれ、所見をとったり病歴聴取を行います。
毎日17時頃から夕方の回診があります。

以上が大まかなスケジュールです。
総合内科と専門内科を同時に回るのは少し大変ですが、密度が濃く充実しています。
内科の研修も残すところ、あと1か月になりました。
できるだけ多くのことを吸収できるよう最後まで頑張っていきたいと思います!


写真:7月に日赤まつりという病院のイベントで、
   マスコットキャラクターのハートラちゃんと一緒に撮ってもらいました


ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.