日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ
はじめまして、研修医1年目の森本です。
新入社員オリエンテーションも終盤に差し掛かり、いよいよ病棟業務が始まります。現時点では不安しかありませんが、一歩一歩着実に前進していきたいと思います。
さて、静岡まつりで街が賑わう4/4に研修医向けのICLS(Immediate Cardiac Life Support)講習会が救急科、内科などの先生方や看護師の方々により開催されました。ICLSでは、心肺停止になった成人の蘇生法を扱うものであり、救急外来で働く機会の多い研修医にとって重要な内容です。僕を含め研修医1年目の3名は学生時代に救急サークルに所属しており、すでにICLS講習を受講済みだったためスタッフ側として参加させていただきました。
最初受講生はやや緊張した面持ちでしたが、次第にお互い声を掛け合い1つのチームとして蘇生にあたっていました。朝から夕方までと長めの講習会でしたが、研修医はみな最後まで真剣に取り組み無事講習会は終了しました。
講習会終了後、日本救急医学会認定ICLSコースの修了証が受講生全員に手渡されました。今回ご指導して下さった先生、インストラクターの方々、本当にありがとうございました。



 

 

 

 


臨床研修事務局の森です。
4月になり、当院の初期臨床研修医、第12期生となる12名の先生方のオリエンテーションが始まりました。
「医療人としての心構え」「院内感染予防について」など、さまざまな分野の講義の中から、今回は麻酔科の中島先生、渡邉先生、齊藤先生による気管挿管実習の様子をお届けします。
講義は時折笑い声も混じり、和やかに進みましたが、実技は真剣!
指導医のアドバイスを受けながら、皆さんそれぞれ練習に励んでいました。
オリエンテーションは約1週間かけて行われ、その後はいよいよ各科に配属です。
これから2年間、よろしくお願いいたします!


 

 

 

 


臨床研修事務局の森です。
3月28日(土)、静岡市内のグランシップにて「静岡県臨床研修病院合同説明会in静岡」が開催され、当院もブース参加しました。

指導医の中田先生や研修医の荘所先生と、時間をかけてじっくり話をされる学生さんが多く、終始なごやかな説明会となりました。
県内の各病院が一堂に参加する機会とあって、各病院の比較もしやすかったのではないでしょうか。

春休みも終わりますが、平日は基本的にいつでも見学を受け付けております。
当院に興味をお持ちいただけましたら、ぜひご連絡ください。



 

 

 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.