ホーム採用情報 › 看護職員採用情報 › 歓迎 キャリアナース

このページを印刷する

歓迎 キャリアナース

キャリアナース教育体制について

  キャリアナースが新しい環境で人と場所に慣れ、自分らしく成長できるように支援するために教育体制を整えることは、重要なことです。キャリアナースが培ってきた経験を基に、一人一人に適した指導を実践し、スムーズに職場に適応し、キャリアを積んでいけるように支援しています。 
 当院は、新人研修同様、キャリアナース教育にも力を注いでいます。今まで培ってきた経験を大切に、そして新しい職場での不安をいち早く取りのぞけるよう体制を整えています。

キャリアナース教育体制の基本

当院は、「プリセプター・チューターシップ混合型」を基本に、キャリアナースの経験を共有し、ともに育つ
環境作りを目指しています。
 体制の構成は図のように看護部の継続教育の中に位置し、「導入時のキャリアオリエンテーションプラン」「チューター制」「面接」「OJT研修」「技術チェックリスト」「表現の場の設定」の6つの要素から構成しています。

1.キャリアナースの指導はチューター制

 経験のあるキャリアナースの指導体制はチューター制をとり、チューター(卒後3~10年の受け持ち看護師)を中心に支援する体制です。チューターは、臨床実践能力と知識を持ち、チーム医療において、良い人間関係を築けるナースを選出しています。きっとあなたの、良い相談相手になってくれますよ。

2.看護技術のフォローアップ

 各病棟の診療科に関わる疾患の理解や看護ができるように、担当医師や教育担当看護師による講義や演習も実施。 技術チェック時の追加説明や確認もあります。
 キャリアナースの強みである、経験範囲の知識を表現する場の設定も検討しています。やる気があれば、病棟会議や勉強会での講義や、伝達講習なども任されるかもしれません。

3.当院自慢のオリエンテーションプラン

 実際入職してから受ける入職時キャリアナースオリエンテーションプランをご紹介します!

 ・入職後1~2週間は日勤勤務です。勤務時間のラスト1時間は、職場を離れ看護部で自己学習の時間を設定しています。 職場を離れることで、その日の振り返りや復習が冷静にできます。
 ・オリエンテーション中は、必ず定時帰宅とし、生活のリズムを整えます。精神的にもゆとりを持つことが大切です。
 ・看護師として働き、経験を活かす場を持つことでキャリアアップへのモチベーションを保ちます。
 ・ミニレクチャーや体験学習で配置病棟の業務を習得し、チームメンバーとしての業務を円滑に実施できるよう見学します。実際にパソコンを操作して電子カルテにおける看護支援の入力も練習します。
ミニレクチャーでは、以下7分野の内容を習得します。
  • 安全管理                     担当:専任リスクマネジャー
  • 感染管理                     担当:感染専任看護師
  • キャリア開発ラダー(看護診断を含む)   担当:教育担当看護副部長
  • 看護記録                      担当:記録委員会委員長
  • 外来業務の流れ                担当:外来看護師長
  • 看護支援システムパソコン入力       担当:業務担当副部長
  • 看護必用度                    担当:病棟師長
 7分野以外のミニレクチャーについてもご本人の要望により調整可能。

先輩キャリアナースの声


平成27年入職
循環器・呼吸器内科病棟勤務

 静岡赤十字病院に入職して1年が過ぎました。働くようになり実感したことは、①職員同士の関係性が良好であること ②多職種との連携が密であること(NSTや褥瘡回診、感染対策等) ③ママさんナースが多く在籍し多様な勤務時間で働けること ④PNSの導入 ⑤キャリアナースの受入に対し積極的でありフォロー体制が取れていることです。特にPNSが導入されていることは初めての経験であり、当初は戸惑いも多くありましたが、ペアナースがいることで常に患者さんについて相談することができ、ケアの充実に繋がると感じています。
 また、入職後2週間のキャリアナースオリエンテーションは病院内のしくみや各種体制を知る機会をいただきました。入職後の戸惑いや悩みを相談する機会にもなり、精神的にも助けられました。何よりも病院全体に暖かな空気が溢れる静岡赤十字病院で働けている日々に喜びを感じています。キャリアナースが新天地に求めることは多岐にわたると思いますが、一度静岡赤十字病院に足を踏み入れ、病院に流れる暖かな空気に触れていただけたらと思います。


 
 

平成27年度入職
外科病棟勤務

 私がキャリアナースとして就職したのは、11月というとても途中半端な時期でした。しかし、その都度就職した職員に合わせ、オリエンテーションや教育プランを行っていただき、徐々に病院や病棟に慣れていくことが出来ました。
 まず、就職してからは必要な講義を受け、その後は病棟に入り、スタッフから業務について少しずつ教えてもらいました。病棟に入ってからの1週間ほどは早めに仕事を切り上げ、その後は定時まで看護部にてその日の振り返りや自己学習を行いました。新しく覚えることも多く、振り返りや自己学習の時間を設けてもらえてことは、とても助かりました。
 また、病棟でもキャリアナースへの教育の仕方を綿密に考えていただき、病院全体で暖かく迎えていただいていると感じました。何より、入った病棟にキャリアナースの方が多く、同期がいない寂しさも感じることがなかったです。今後もさらにキャリアナースの方が増えてくれるとうれしいです。

 

 
 

平成27年入職
手術室勤務

私は看護師13年目です。勤務先を変えるに当たり、祖母が当院に入院していた時、スタッフがイキイキと輝いていた印象があり見学をお願いしました。見学時、スタッフ同士仲が良く、患者さんへも笑顔で接していました。勤めるからには良い環境で長く働きたいと思っていたので、1ヶ月後に再度見学をお願いしました。大きな就職説明会の開催日でもなく、かつ二回目の見学であるにも関わらす丁寧に案内していただき、院内の雰囲気も以前感じた時と同じく良かったため安心しました。
 実際に就職しても「人が良い」とかんじます。また、キャリアナースの私にもプリセプターがついてくれたことにも安心しました。入職時には2週間、感染や医療安全、倫理など基本的なものから、赤十字独自の方針や活動までオリエンテーションで学ぶことができるので、ブランクのあるナースでも安心だと思います。
 私は経験を活かし手術室勤務となりました。病院が変ればシステムや記録も違い、術式も件数も大幅に多く、日々覚えることに必死でした。キャリアナースの難しいところは「自分の力量を伝える」事だと思います。自分のできる事、できない事を周囲に明確にしなくてはいけません。しかし、プリセプターはじめ、師長、係長、スタッフのみなさんで私を気にかけてくれ、安心して仕事に慣れることができました。少しずつでもチームの一員として貢献できればいいなと、日々、仕事と介護と育児を楽しみながら頑張っています。