日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ

  • もう春ですね♪放射線科です!

2017年3月13日

 寒い冬が終わり、陽射しも春らしくなってきました。平成28年1月に新棟である1号館地下に引っ越してから早1年経過!時の経つのは早いですね!放射線科が新しくなり、ここ1年、患者さんからは「きれいになって気持ちいい」「検査に来るとき前より明るい気持ちになる」など、ご好評の声を頂いてきました。新しいものは何でも気持ち良いものですが、患者さんの気持ちが上向きになってくれることは私たちも嬉しいものです。建物に負けないよう、スタッフ一同患者さんに少しでも不安が少なく、検査・治療が行えるよう日々努力しなくては!と思う日々です。
 さて、最近の放射線科のトピックスは、血管造影室、いわゆるカテーテル室の検査・治療が増えていることです。カテーテル検査・治療といえば心臓の検査や狭心症に対してのステント挿入などがすぐ思い浮かぶ方も多いかと思いますが、その他にも頭からつま先までの血管撮影、不整脈の治療、ペースメーカー埋め込みや、狭くなった手や足の血管の拡張術、動脈瘤の治療、腫瘍の塞栓術など多岐にわたります。患者さんへの負担が少ないカテーテル治療はますます増えていく方向です。
 私たち看護スタッフは医師、放射線技師、臨床工学技士とカンファレンスや情報交換をしながら、安全・安楽に患者さんに検査・治療が行えるようにしています。何かカテーテル検査・治療で分からない事や興味があることなど、お気軽にスタッフにお尋ねください。

 

 血管造影室でのペースメーカー植え込み術風景

 

 


↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.