日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
 暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか?私たちは外の暑さを凌ぐぐらい熱く頑張っています。
 私たち3-8病棟は昨年の11月に整形外科を主科とし新たに開設した、できたての病棟です。病棟新設にあたり、整形外科、内科、外科、小児科、救急科など様々な病棟からスタッフが集結しました。それぞれの分野の知識を持ったスタッフから日々刺激を受け、知識を共有できることは私達病棟の強みでもあります。
 4月から新人3人の元気なパワーがさらに加わりました。
 手術を受ける患者さんが多く、疼痛の緩和、ADLの向上、リハビリも積極的に行っています。入退院が多く、忙しい職場ではありますが、スタッフはみんな明るく誰にでも声を掛け合える連携がとれた病棟です。
 術後見違えるほど動けるようになった患者さん、退院後に元気な姿を見せに来てくれる患者さんに元気を頂き、やりがいを感じながら仕事に励んでいます。
 これからもスタッフみんなで力を合わせ頑張っていきます!!

 

 

 


血液内科医師による勉強会の様子
 

こんにちは!3号館の最上階にある3-9病棟です。ここは血液内科・消化器内科の病棟です。病床の多くを占める血液内科では、悪性リンパ腫や白血病など、血液疾患の患者さんが入院して治療を受けています。血液疾患は少し難しため、毎年新人が入職して病棟に慣れてきた頃に、血液内科の医師による疾患や治療について基本的な内容の講義が行われます。5月中旬に行われた勉強会の参加者に感想を聞きました。
 
中途採用Aさん
「わからないことが多く、業務を覚えるだけで精一杯で3ヶ月が過ぎていた時に勉強会に参加しました。白血病、リンパ腫と大きく分けて学べて頭の中に入りやすかったです。勉強するきっかけにもなりました。」


PNSでより良い看護を務めています
 

新人Bさん
「入職して初めての勉強会に参加し、まず疾患を理解することで患者さんの状態が捉えられ、曖昧だった部分を分かりやすく教えてもらいました。学生時代にあまり学ぶことができなかった分野のため入職してからの勉強も不安が多いですが、勉強会に参加し不安もなくなりました。」

このように、勉強会を定期的に開催することで知識の定着につなげています。また、PNSを取り入れており、2人1組で動くためダブルチェックをその場で行うことができ、知識の補完をすることでより良い看護ができるよう、日々務めています。

最後に新人Cさんから
 「入職してから2か月が経ちました。覚えることや、初めてのことばかりで緊張と不安があるなかでの勤務ですが、必ず先輩とペアになって業務を行うので、不安なことや相談したいことがすぐに聞けることやアドバイスをもらいながら看護が行える環境であることは新人看護師として安心して仕事ができます。まだまだできないことも多く先輩方には迷惑をかけることばかりですが少しずつできることを増やして頑張っています。」
 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.