日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
 産婦人科は女性の一生に関わる科です。思春期に月経が始まると女性としての人生が始まります。
 女性らしい体型に成長し、妊娠、出産、育児期を経て、更年期、老年期とホルモンの作用により大きく変化していきます。
 妊娠、出産の喜びも、疾患や老いによる変化や苦しみ、婦人科はどの時期においても女性に関わり寄り添う科です。女性が安心して相談したり、また共に考えることのできる私たちでありたいと日々の業務に務めています。

 そんな女性の人生の中でも最も輝く妊娠、出産に続く子育て、そこに関わるのが小児科です。病気に関することだけでなく、育児相談や予防接種を積極的に行い、病気の予防に努めています。専門分野の外来では赤ちゃんから大人まで継続して外来診療を行っています。
 最近の傾向として、発達外来(心の外来)を受診する方も多く、さまざまな問題を抱えた児と保護者の気持ちに寄り添い解決方法を一緒に考えています。
 年齢層が幅広い科ですが、乳幼児にとって小児科は注射や痛いことをされる怖い場所と認識され、待合室に入った途端泣き出してしまう児も多々います。そんな恐怖感を少しでも和らげることを目的に、現在静岡大学美術科の学生さんに待合室壁画を描いてもらっています。3月には完成する予定ですのでこども達の反応が楽しみです。興味のある方は覗いてみてくださいね!

 

 


 寒い冬が終わり、陽射しも春らしくなってきました。平成28年1月に新棟である1号館地下に引っ越してから早1年経過!時の経つのは早いですね!放射線科が新しくなり、ここ1年、患者さんからは「きれいになって気持ちいい」「検査に来るとき前より明るい気持ちになる」など、ご好評の声を頂いてきました。新しいものは何でも気持ち良いものですが、患者さんの気持ちが上向きになってくれることは私たちも嬉しいものです。建物に負けないよう、スタッフ一同患者さんに少しでも不安が少なく、検査・治療が行えるよう日々努力しなくては!と思う日々です。
 さて、最近の放射線科のトピックスは、血管造影室、いわゆるカテーテル室の検査・治療が増えていることです。カテーテル検査・治療といえば心臓の検査や狭心症に対してのステント挿入などがすぐ思い浮かぶ方も多いかと思いますが、その他にも頭からつま先までの血管撮影、不整脈の治療、ペースメーカー埋め込みや、狭くなった手や足の血管の拡張術、動脈瘤の治療、腫瘍の塞栓術など多岐にわたります。患者さんへの負担が少ないカテーテル治療はますます増えていく方向です。
 私たち看護スタッフは医師、放射線技師、臨床工学技士とカンファレンスや情報交換をしながら、安全・安楽に患者さんに検査・治療が行えるようにしています。何かカテーテル検査・治療で分からない事や興味があることなど、お気軽にスタッフにお尋ねください。

 

 血管造影室でのペースメーカー植え込み術風景

 

 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.