日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
 1号館完成に伴い、3号館3階の仮住まいから1号館3階に引っ越しました。ベッド数も16床から18床に増床され、より多くの治療ができるようになり、広々としていた以前の場所に比べ、コンパクトになりましたが、スタッフ一同がんばっています。
 場所は変わりましたが、私たちの目標は患者さんが安心して安全に、治療が受けられるように支援するということに変わりはありません。
 そして化学療法センターでは、患者の苦痛を的確に捉えて看護介入が必要な患者に対して質の高いケアが提供できるように、SDS(症状の苦痛尺度)を導入し、苦痛に対するスクリーニングができるようにしています。
 これからも患者さんに寄り添い、その人らしい生活を送れるように関わっていきたいと思います。

 

 

 


リニューアルした救命救急センター外来です。
面積はこれまでの2倍と広くなり、多くの救急車と重症患者さんを受け入れています。また、電子カルテシステムと医療機器も新しくなり試行錯誤の毎日ですが、スタッフ同志のコミュニケーションと体力で頑張っています。
多忙な日々の中、救命処置のみならず、患者さんとご家族の気持ちや生活背景にも配慮し、安心して治療が受けられるような関わりを大切にしています。




ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.