日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
こんにちは!!だんだん暑くなってきましたが、みなさん体調はいかがですか?当院には様々な看護学校から多くの学生が来てくれます。3-5病棟にも今月、元気でかわいい学生達が実習に来てくれました。看護師の卵である看護学生は、入院中の患者さんを、一人ずつ受け持って、病気のことや身の回りの生活援助について学んでいます。学生からは、病棟での実習を通して「患者さんとのコミュニケーションの取り方が難しかったけれど、実際に看護師の皆さんの声掛けを見て学ぶことができました。」、「優しく気にかけてくれる看護師が多くて相談も報告もしやすく実習しやすかったです。」といった嬉しい言葉を頂きました。私達、病棟スタッフも学生達の若く元気なパワーと柔軟な新しいアイディアをもらっています。学生を指導する中で患者さんとの関わりを見つめ直すことができ、看護師も共に育つ良い機会となっています。これからも病棟一丸となって患者さんのケアの向上に取り組んで行きます。宜しくお願いします☆

 

 


 

 


2015年5月21日

内科(循環器科・呼吸器科)の3-6病棟です(^^)/☆
今年は4人の新人と、1人のキャリア看護師を迎え、若さがプラスされ、活気溢れる病棟となりました!!私たちの病棟では、専門職としての意識を高めること、循環器・呼吸器疾患の学習を深めるために、各スタッフが得意分野の先生となり、新人へ知識・技術を伝達する勉強会を開いています。 新人は病棟特有の知識・技術の習得ができ、先輩スタッフも教えることで知識・技術の再確認ができ、相互に良い効果を得られています。
写真は、心電図モニターを後輩にレクチャーしている所です!

 


 


 

 


みなさんこんにちは、3-7病棟です。3-7病棟は整形外科病棟として脊椎疾患や大腿骨頚部骨折を中心に、昨年は年間に約1500件の手術を行う患者さんへの治療・ケアを行っています。整形外科の治療・ケアと言えば手術だけでなく、術前術後のリハビリを思い浮かべる方が多いかと思われます。今回は術後のリハビリについてお話したいと思います。当院では主に理学療法士や作業療法士によるリハビリを行っていますが、その内容は歩行練習から巧緻訓練といった手の作業訓練まで患者さんの疾患や手術に合わせて様々なリハビリを行っています。患者さんによっては病棟で看護師がリハビリを行うこともあり、病棟では患者さんの状況を考えながら、安全安楽にリハビリが行えるよう日々努力しています。病棟内での歩行練習などのリハビリの他、日常生活の中でも自分でトイレに行く・食事を食べるなどのリハビリを行いながら患者さんと日常会話を楽しむこともあり、そうやって退院されていった患者さんが外来の時など病棟に顔を出していただけることがあり、私達の励みなっています。
 また新年度になり新人看護師も配属され、フレッシュな雰囲気に刺激を受けつつ、これからも日々患者さんのために努力していきたいと思います。

 

 

 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.