ホーム病院からのお知らせ › 将来は憧れの看護の道へ!高校生が1日ナース体験

このページを印刷する

お知らせ

お知らせ

2012年8月3日

将来は憧れの看護の道へ!高校生が1日ナース体験

 7月31日(火)、市内の高校生を対象に「高校生1日ナース体験」が行われました。
 このイベントは、現場での体験をとおし、看護することへの理解と関心を深めるとともに、看護職への志望者を増やすことを目的に、静岡県看護協会が看護の普及啓発事業の一環として行っているものです。
 この日は30人の高校生が参加し、実際の看護師と同じ白衣を身に着け、グループごとに病棟で、足浴や歩行の介助、新生児のお世話・・・など先輩看護師の指導を受けながら実務を体験しました。
 その後行われた、座談会では、「話には聞いていたが、あらためて看護師の仕事の大変さを実感した」「患者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉にやりがいを感じた」「将来は看護師になりたい」といった感想が聞かれました。指導にあたった看護師からは「私たちのような看護師になりたいと言ってもらえたことはとてもうれしい。将来は一緒に看護師としてがんばっていきましょう。」との言葉が送られました。

先輩看護師にきっちり髪を結い上げてもらい、気持ちも引き締まりました

生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこ。自然と笑顔がこぼれました

まだ首が座っていないので、そーっと降さないと!緊張の一瞬です。

 

一覧に戻る