しずおか日赤メールマガジン

第142号 平成29年06月01日発行


 暑さが日ごとに増してまいりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか
 さて、近年では写真を撮影・シェアできるSNSサービスの「Instagram(インスタグラム」が国内外を問わず若者を中心に人気を博しており、話題になることも多いですが、本日6月1日は「写真の日」だそうです。
 これは、1841(天保12)年のこの日に、日本初の写真が撮影されたのにちなみ、写真の日制定委員会が1951年に制定したそうです。しかし、その後の研究でそれ以前にも写真撮影が行われていたことが、わかりましたが、引き続きこの日を写真の日として、フォトコンテストなどのイベントが開催されているようです。
 引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。
 それでは、メールマガジン第142号をお届けいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
腰に痛みがある方へ 腰痛症 ~その1~

2. インフォメーション
7月8日(土)しずおか日赤まつり開催します

腰に痛みがある方へ 腰痛症 

腰の痛みは私たちが日常よく経験する症状です。多くの方が抱えている腰痛についてシリーズで取り上げていきます。



腰の痛みは現代人の多くが経験する症状です。 持続的な腰痛がある患者さんは、男性の25%、女性の30%とのデータもあるようです。そんな多くの方が抱えている腰痛について、今回からシリーズで取り上げる予定です。

◎そもそも腰痛ってどんな病気?
 腰痛というのは「症状」のひとつで、病名ではありません。

●具体的にはどこが痛むことでしょうか?
 触って分かる肋骨の1番下のあたりからお尻の終わる所までの範囲に出る痛みを腰痛といいます。
 腰は、腰椎と呼ばれる5つの骨がブロックのように積み上げられて構成されています。腰痛の多くは腰椎に負担がかかったり障害が起きたりすることで発症しますが、その他にも様々な要因が関係しています。
●痛みの急性、慢性ってどれくらいの期間のことでしょうか?
 症状が続く期間によって腰痛の呼び方が分かれています。
 ・急性腰痛・・・発症から期間が4週間以内
 ・亜急性腰痛・・・急性~慢性の間
 ・慢性腰痛・・・発症からの期間が3ヶ月以上

◎どんな原因・病気があるのでしょうか?
 腰痛症状を訴える人は男女ともに非常にたくさんいて、現在、増加傾向にあります。また、その腰痛症状それぞれの背景には様々な原因・病気が存在しているのです。

●どこからくる痛みなのでしょうか?
 原因はどこからの痛みなのか5つに大きく分けられます。

 ①脊椎
  代表的な疾患:腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、分離性/変性脊椎すべり症、骨粗しょう症、  骨軟化症、腫瘍、変形、感染、外傷(骨折)など
 ②神経
  代表的な疾患:腫瘍(脊髄腫瘍、馬尾腫瘍など)
 ③内臓
  代表的な疾患:腎・尿路系疾患(腎結石、尿路結石、腎盂腎炎)、婦人科系疾患(子宮内膜症など)妊娠、その他
 ④血管
  代表的な疾患:腹部大動脈瘤、解離性大動脈瘤など
 ⑤心因性
  代表的な疾患:うつ病、ヒステリーなど
 
  しかし、原因が特定できるのは全体のわずか15%ほどといわれています。残りの85%は、画像検査などでも原因を特定できず、生活習慣(運動不足、喫煙、力仕事、同じ姿勢でいる仕事)から起こるものであったり、ストレスや不安・不眠などの心の状態が関係していることもあるのです。
 腰痛はよくある症状だから放っておけば治るかもと考えがちですが、実は命にかかわる病気が隠れていたり、生活習慣を直さなければ一生ついてくる場合があったりと、腰痛にはいくつもの落とし穴があるのです。               参考:腰痛診療ガイドライン2012
 

7/8(土)しずおか日赤まつり開催します

 人気ブースの骨密度・体脂肪・血管年齢等の測定コーナーや看護・栄養・薬剤の健康相談をはじめ、認定看護師が提供する生活に役立つ情報コーナー、市民バンドによるコンサート、栄養課考案の非常食試食や、救急車の見学にリハビリ体験もご用意しています。
 また、お子さまも楽しめるキッズコーナーや救護服・ナース服を着て写真撮影のなりきりコーナー、手術着を着て手術の器械に触れることができる貴重なチャンスもありますよ!
 さらに、今年は顕微鏡で口腔内細菌観察するコーナーも増えました。
 地域のみなさんと、もっとクロス(交流という意味です)することを願い、職員一同お待ちしております。お気軽にお越しください!

    日 時:平成29年7月8日(土)
  時 間:10:00~14:00 (健康相談は受付13:30まで)
  場 所:静岡赤十字病院 1号館・2号館
  ※事前申し込み不要、無料です!
 

しずおか日赤メールマガジン 第142号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成29年06月01日発行