しずおか日赤メールマガジン

第119号 平成27年07月01日発行


曇りや雨が続きすっきりしない天気に、梅雨明けが待ち遠しい今日この頃ですがみなさまいかがお過ごしですか?
 先日行われました、しずおか日赤まつりも多くのみなさまにお越しいただき大盛況となりました。今後も、地域のみなさんともっとクロス(交流という意味です)していきたいと思いますので、引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。
 それではメールマガジン第119号をお届けします。

目次

1. 今月の病院ニュース
「狭心症」~誰もが発症する可能性を秘めた狭心症の原因・治療法・予防策~

2. インフォメーション
今年も注意!デング熱

「狭心症」~誰もが発症する可能性を秘めた狭心症の原因・治療法・予防策~

今春当院では、心臓血管外科医のスペシャリスト、大倉一宏医師を迎えました。今回は老化によって発症しやすくなる狭心症についてお話を伺います。胸の締め付けを感じたら、まずは医師に相談してみましょう。



 

狭心症がどんな病気かご存知ですか?

 心臓に血液を送る冠動脈に動脈硬化が生じて血管が狭くなると、十分な血液が送れなくなります。体を動かすと、全身に血液を送るため心臓の仕事量が増えます。でも狭くなった血管では、それに見合った分の血液を送れません。この時に胸が締め付けられ、安静にすると症状が落ち着く…これが狭心症です。さらに進行すると、心筋梗塞になります。胸痛、圧迫感、冷汗、胃の不快感、吐気、肩や首、歯の違和感や痛みなど症状はさまざまで、息切れ、呼吸困難など心不全症状が表れることも。
 狭心症の原因となる「動脈硬化」は、年齢とともに出現する血管の老化現象で、完全に予防することはできません。一方、動脈硬化が進行しやすい危険因子として、高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙、家族歴などが挙げられ、危険因子が複数あると、より動脈硬化のリスクが高まります。厚生労働省発表の2013年人口動態統計によると、死因で最も多いのが悪性新生物、2番目が心疾患で、年間約20万人もの方が亡くなられています。


知っておきたい狭心症の治療と予防策

 血液検査、運動負荷心電図や心臓核医学検査などの検査結果、狭心症が疑われた場合、心臓カテーテル検査を行います。細い管を用いて冠動脈に造影剤を直接注入し、どこにどの程度の病気が存在するのか診断。結果に基づき内服治療、カテーテルによる治療、より重症な場合には手術が選択されます。
 狭心症に対する手術が冠動脈バイパス手術です。数年前に天皇陛下が受けられました。手術後の死亡率は1.75%、脳梗塞も術中や術後に1.02%の確率で発生します。もともと心機能が悪い、脳梗塞既往がある方は手術の少し危険率が上がるため、執刀医から説明を聞いて納得したうえで手術を受けることが重要です。
 狭心症は老化現象であり、完全に予防することはできません。対策としては、規則正しいストレスの少ない日常生活を心がけ、塩分、コレステロールを控え、禁煙も重要です。冬場は急激な温度差に注意しましょう。現在内服治療中の方も、知らないうちに病状が進行する場合があるため、定期的に精密検査を受けることをおすすめします。
 
 

今年も注意!デング熱

昨夏デング熱の流行が発生したのは記憶に新しいところです。海外から持ち込まれたウイルスによる国内での感染が確認されたのは約70年ぶりでした。


★デング熱はどんな病気?どのように感染するの?
 デングウイルスが感染して起こる急性の感染症です。感染した患者を蚊が刺すと蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を刺すことで感染が成立します。
日本ではヒトスジシマカ(一般にヤブカと呼ばれる)がウイルスを媒介します。人から人へ感染することはありません。
★症状は?
刺された3~7日後突然の発熱で始まり、頭痛や筋肉・関節の痛みを伴うことが多く、発症3~4日後から発疹が体に広がります。これらの症状は1週間程度で回復します。
稀に一部の患者さんがデング出血熱という重い症状となることがあります。胸や腹部に水がたまり、皮下出血や消化管出血がみられ、ショック症状を示すこともあります。このような場合は適切な治療がなされないと命にかかわります。
★治療は?
 通常のデング熱では輸液や解熱鎮痛剤が用いられます。解熱鎮痛剤としてアスピリンは出血を起こしやすくなるため、アセトアミノフェンが用いられます。
★予防するために気を付けることは?
 蚊が多いところでは長袖長ズボンなどで肌の露出を避け、虫よけ剤を使用しましょう。汗で流れてしまうこともあるので、数時間おきに塗り直すと良いでしょう。植木鉢の受け皿にたまった水を捨てるなど、蚊の発生源となる水たまりをなくすことも大切です。
参考:国立感染症研究所HP、厚生労働省HP

しずおか日赤メールマガジン 第119号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成27年07月01日発行