しずおか日赤メールマガジン

第108号 平成26年08月01日発行


連日、暑い日が続いていますが、みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
夏といえば、海、スイカ、高校野球、怪談話・・・。みなさんは、社会現象ともなっている「妖怪ウォッチ」をご存じでしょうか。妖怪がおどろおどろしく不気味な姿をしていたのは今や昔。「妖怪ウォッチ」に出てくるのは、見た目もネーミングもかわいい妖怪たちです。放映されているアニメは、大人にしかわからないパロディもあったりと、大人も楽しめる作りだとか。機会があれば、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
さて、メールマガジン第108号をお届けします。みなさんには引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
麻しん(はしか)の感染予防を心がけましょう。

2. 栄養課考案★15分クッキング
豆腐効果でさっぱりカロリーダウン! ヘルシーソイアイス

麻しん(はしか)の感染予防を心がけましょう

 麻しん(はしか)は、毎年春から初夏に流行が見られますが、今年は6月の時点で昨年1年間の患者数を上回る流行となりました。下記を参考に感染予防を心がけましょう。

■麻しんとはどんな病気ですか。
 麻しんは麻しんウイルスによって起こる急性の全身感染症です。感染経路は空気感染・飛沫感染・接触感染で、その感染力は非常に強く、免疫を持たない人が感染するとほぼ100%発症すると言われています。発症1日前から解熱後3日を経過するまでは周囲に感染させる恐れがあります。
 感染すると約10日後に発熱や鼻水などの風邪様の症状が現れ、2~3日熱が続いた後39度以上の高熱と発疹が現れます。肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人が脳炎を発症したり、亡くなる可能性もあります。妊娠中にかかると流産や早産の可能性があります。

■麻しんはどのように予防するのですか。
 麻しんは感染力が強く空気感染もするので、手洗い・マスクのみでは予防できません。予防接種が最も効果的な方法です。

■予防接種について。
 定期接種の対象になるのは次の方です。
 1回目  1歳以上2歳未満のお子さん
 2回目  小学校入学前1年間にあたるお子さん
 主に使用されているのは麻しん風しん混合ワクチンで、1回の接種で95%以上の人が、2回の接種で残りの5%未満の人も免疫をつけることができます。接種後の反応として多くみられるのは発熱、発疹などです。
 最近は成人患者が増加していますので、定期接種対象のお子さんだけでなく、海外渡航される方、予防接種歴や過去に麻しんにかかったかどうか不明の方は、予防接種をご検討ください。接種を1回しか受けなかった方は免疫が徐々に弱まっていることも考えられますので、麻しんにかかるリスクの高い方は2回目の接種についてかかりつけ医にご相談ください。
 また妊娠中は予防接種ができませんので、免疫のない方は妊娠前に予防接種をご検討ください。

■参考:厚生労働省HP
■担当:小島安紀子(薬剤師)  

豆腐効果でさっぱりカロリーダウン! ヘルシーソイアイス

高カロリーのアイスクリームが、豆腐ときな粉を使うことで手軽に半分以下にカロリーダウンできます。


■材料(4人分)/
バニラアイスクリーム 1個(200g)
絹ごし豆腐 半丁(150g)
きな粉 大さじ1
~トッピング~
グラノーラ 少々
季節のフルーツ(桃・パイナップルなど) 少々

■つくり方/
1. ボウルに絹ごし豆腐を入れ、泡立て器でよく混ぜる。
2. 1にバニラアイスクリーム、きな粉を加えてよく混ぜ、冷凍庫で固める。
3. 固まったら、4等分に盛り付け、グラノーラやフルーツをトッピング。

■栄養課考案/1人分125kcal

しずおか日赤メールマガジン 第108号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成26年08月01日発行