しずおか日赤メールマガジン

第101号 平成26年01月01日発行


 新年あけましておめでとうございます。
 昨年末、家族みんなで門松作り体験に参加し、力を合わせて出来上がった作品を我が家の玄関前に飾りました。手作りの作品は思いもひとしお。お金を出せば何でも買える時代ですが、今年は手作りの良さを見直してみようかなと思っています。
 さて、メールマガジン第101号をお届けします。本年も引き続き温かいご支援をいただきますよう、どうぞよろしくお願いします。

目次

1. 今月の病院ニュース
1号館(北側)がオープン!

2. インフォメーション
外来移転のお知らせ

1号館(北側)がオープン!

2014年1月6日、長らく工事が続いていた御幸通り沿いの1号館(北側)がオープンします。外来の診療と手術室、グレードアップしたMRIの導入で病院機能を強化しました。

院長からのごあいさつ
院長 磯部 潔

  このたび、新病院増改築工事の第2期工事が完了し、新館「1号館」の北側部分が完成しました。多くの外来患者さんが訪れる受付窓口をはじめ、内科系外来や人工透析室・手術室などの診療機能が新しく充実いたしました。
 現在、引き続き第3期工事が進行しており、皆様にはご迷惑をおかけしていますが、新しい病院にふさわしい最高のサービスが提供できるよう、職員一丸となってがんばって参りますので、今後ともご理解とご協力をお願い申し上げます。

Q1: 1号館の特徴は?
A:地下1階、地上8階建てとなる1号館には、主に外来を中心とした診療機能を集約しました。内科系の受付・診療が1号館の2階で行われます。地下1階の放射線科には、今までより地場強度が高い3.0テスラのMRIを導入。より質の高い撮影によるMRI検査が可能となり、診断能力が高まりました。また、透析室も20床から24床に増床し、快適な環境が整いました。

Q2:工事はいつまで続くの?
A:工事は、4期に分けて進めています。今回、第2期の工事が終了し、1号館の半分が完成。これから残り半分の工事に着手し、1号館が完全に出来上がるのは2015年を予定しています。最終段階では、1号館南側につくる正面玄関前に、ロータリー(車両乗降場)を設置。2016年秋、すべての工事が終了予定です。工事期間中は皆様にご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力をお願いします。

1号館フロア案内
■1F 受付・会計窓口
1号館の1階は、総合案内、初診受付、紹介患者受付など、各種受付カウンターを設置。初診患者さんはまずはこちらへ。何科にかかったらよいかわからない場合は、総合案内でご相談ください。



■2F 内科系外来受付
1階受付で内科に案内された患者さんはこちらへ。内科系外来受付が一箇所に集約されています。今後、向かい側の工事中エリアに外科系外来が完成し、1号館2階は外来フロアとなります。



2階には10室の診察室のほか、採血・採尿室を設置。合理的で快適な診療を提供できるよう心掛けています。

4階の手術室。手術が清潔にかつ安全に遂行できるよう、感染対策など配慮し機能も向上しました。
 

地下1階の放射線科に今回導入したMRI3.0テスラ。最新鋭の機器を備えました。

 

外来移転のお知らせ

本館南側の解体工事に伴い、下記の科が移転します。ご不便をおかけいたしますが、ご理解とご協力をお願いします。

平成26年1月6日(月)より
・泌尿器科   本館2階 → 本館5階へ
・外科、脳神経外科  本館2階 → 本館8階へ

※産婦人科・形成外科・整形外科は今まで通り本館2階です。

しずおか日赤メールマガジン 第101号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成26年01月01日発行