しずおか日赤メールマガジン

第92号 平成25年04月01日発行


 新年度が始まり、新しい環境がスタートした方も多いと思いますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
 気温も高くなり、街行く人たちの服装にも、すっかり春を感じるようになりました。春と言えば、桜。今年は、平年よりも開花の早いところが多いようですが、静岡駅北口広場の芝桜をご存知でしょうか?満開を迎え、一面に広がる桜色の絨毯は、一見の価値ありです。
 さて、メールマガジン第92号をお届けします。みなさまには引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
大気汚染物質PM2.5

2. インフォメーション
「DMAT」が船内応急救護の訓練に参加しました!

3. ☆栄養課考案☆時短レシピ
春の食材でつくる! 苺のパンプディング

大気汚染物質 PM2.5

 中国で深刻化している微小粒子状物質PM2.5による大気汚染が、日本でも観測されるようになっています。

◎PM2.5とは?                            
 主に工場からの煙や車の排気ガスなどに含まれる、粒子径2.5マイクロメートル(1000分の2.5ミリ)以下の微粒子を総称してPM2.5と呼びます。髪の毛(70マイクロメートル)、スギ花粉(30マイクロメートル)、黄砂(4~7マイクロメートル)よりも小さな粒子です。

◎PM2.5が人体に与える影響                      
 粒子径が非常に小さいため、吸い込むと肺の奥深くにまで入り込み、沈着します。長期間の吸込で、肺気腫などの呼吸器系・循環器系疾患となるリスクが大きくなることが、疫学調査から明らかとなっています。

◎日本におけるPM2.5の環境基準                    
 平成21年9月に環境省は微小粒子状物質における環境基準を設定しています。
   1年平均値:大気1立方メートル当たり15マイクログラム以下
   1日平均値:大気1立方メートル当たり35マイクログラム以下

◎日本への影響                             
 1月以降、西日本の各地や東京都でも、国の環境基準を上回るPM2.5が観測されるようになりました。これは大陸からの越境汚染と国内の大気汚染が複合して発生したと分析されています。また、3~5月は黄砂に付着して飛来する量が増えることが予想されます。
 環境基準は生活環境の保全上望ましいとされる目標値なので、基準を上回ることによりすぐに健康に影響するものではありませんが、静岡県でも県内の状況を常時監視しており、測定データは1時間毎にホームページで公開されています。

◎どんな点に注意すれば良い?                      
 県では、大気汚染物質の環境中濃度が上昇し一定の条件を満たした場合には、注意報により注意を喚起します。環境省でも指針をまとめました。特に呼吸器系や循環器系疾患のある方や小さい子供などは、なるべく屋外での活動を控える注意が必要です。
 PM2.5の粒子は非常に小さいため、通常の素材のマスクでは通過してしまう可能性があります。ウイルス対策用など目の細かい高機能マスクがより効果的です。空気清浄機の使用やこまめな洗濯でも、外出時に付着したPM2.5の除去が期待できます。

■担当 原田 博行(薬剤師)
■参考: 静岡県HP、産経新聞、毎日新聞         

「DMAT」が船内応急救護の訓練に参加しました!

 「DMAT(ディーマット)」ってご存知ですか?DMATとは、医師や看護師などで構成された、災害急性期に活動できる機動性を持った医療チームのことです。阪神・淡路大震災での教訓を生かし、平成17年に厚生労働省により発足されました。
 当院では、災害時に備えて救護班を編成しています。その中でも、特別なトレーニングを受けたチームがDMAT。今年2月、当院のDMAT隊員5名が「静岡県航空受援訓練」に参加しました。場所は、東日本大震災発生直後から最前線で活動した巡視船「いず」。陸上の医療施設などで負傷者の受け入れが困難になった想定で、船内応急救護を実施しました。こうした訓練で緊急時への対応の強化を図り、災害時でも皆さんのお役に立てる医療チームを目指しています。


ヘリコプターで巡視船「いず」に到着したDMAT隊員

船内では運び込まれたケガ人や病人を想定し訓練が行われた

当院のDMAT隊員

 

春の食材でつくる! 苺のパンプディング

表面はカリッと中はふんわり、甘酸っぱい苺がアクセント。
果物を替えたり、パンは固くなってしまったものでもOKです。

〈材料〉4人分
・苺(ヘタを取り縦半分に切る) 6個
・卵 2個
・砂糖 大さじ4
・牛乳 200ml
・食パン(一口サイズに切る) 8枚切り2枚
・バニラエッセンス 少々
・バター 少々
※お好みで、粉砂糖、ミント、チャービルなど

1: 器(ココット皿orグラタン皿)にバターを薄くぬり、食パンを入れて苺を3切れずつのせる。
2: ボウルに卵・砂糖を入れて混ぜ、牛乳・バニラエッセンスを加えて混ぜる。
3: 1に2を流し込み、オーブントースターで5分焼き、途中アルミホイルをかぶせ3~5分焼く。竹串を刺して生地がつかなければOK。冷めたらお好みで粉砂糖・ミントやチャービルを飾って召し上がれ。
(1人分189kcal)

しずおか日赤メールマガジン 第92号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成25年04月01日発行