しずおか日赤メールマガジン

第89号 平成25年01月01日発行


 新年あけましておめでとうございます。
 お正月の朝といえば、お雑煮とおせち料理。これらを食べ、初詣に出かけると今年も新たな一年が始まったなと実感します。最近では、元旦から開店しているお店も多くとても便利な反面、以前に比べてお正月の特別な雰囲気は薄らいでいるような気がします。玄関に角松を出している家を見かけ、伝統的なお正月の継承も大切だなと思いました。
 さて、メールマガジン第89号をお届けします。みなさまには引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
テーマ:受動喫煙
「今年こそ、タバコをやめよう!」

2. インフォメーション
はたちの献血キャンペーン

テーマ:受動喫煙         「今年こそ、タバコをやめよう!」

「一年の計は元旦にあり」
なかなかタバコをやめられずにいるあなた。一歩踏み出してみませんか?

ニコチン依存症外来を担当している、磯部潔院長に聞きました。

Q:本数を減らしていけば、いつかやめられる?
A:本数を減らしただけでは、まったく意味がありません。減らせても、その数本がやめられない、ということが中毒を表しています。1回の喫煙で一定のニコチンを吸収することで喫煙行動が成り立っているため、一本を深く吸う、または根元まで吸うことになります。ニコチン依存は依然として変わっていません。


Q:タバコをやめたら急に太るのから、結局体に悪いのでは?
A:女性の喫煙者は特に「太る」ということを気にする方が多いですね。ただ「やめたら太る」は迷信です。確かに煙草をやめたことで健康になって食欲がわいてきたり、口寂しさでアメを舐めたりすることはありますが、喫煙によって味覚障害を起こし、味の濃いものを好む傾向や、食べ過ぎてしまうケースもあります。つまり太るリスクはタバコと関係なく、その人次第です。


Q:低タール、低ニコチンのタバコの方が体に害が少ない?
A:それは大きな間違いです。タールとはコールタールで発がん性物質ですが、フィルターや穴の数で外へ染み出すタール量をコントロールしているだけです。ニコチン中毒の体は、頑張ってニコチンを摂取しようと深く吸い込んだり、本数を増やす結果にもなります。それだけ余分な紙の煙や添加物を摂取することにもなり、低タールの方がむしろ健康被害は深刻かもしれません。


まだまだ認識が甘い
受動喫煙による健康被害
 ニコチン依存症外来は禁煙治療を行う専門外来。家族のすすめで通院を始める人もいる。「タバコを吸っている本人は自分がニコチン中毒だとは思っていません。リラックスするための嗜好品で好きで吸い続けているんだと言います。でもやめられないのは中毒だから。そして問題なのは、吸う人本人よりも受動喫煙の方です。仮に分煙していても、同じ敷地内に喫煙者が1名いるだけで周りに健康被害を及ぼしています。タバコの煙は目に見えない千分の2.5ミリ未満の微小粉塵。この微小粉塵は空気に乗って飛んで行き、肺胞まで入り込めるサイズのため、頭痛、めまい、気管支喘息、肺がん、心筋梗塞などを引き起こす原因となります。しかも一度こびりついた微小粉塵は、なかなか取ることができません。喫煙者のいる部屋の壁が黄色くなりますが、あれと同じことが受動喫煙者の体内でも起こっています」。


飲み薬を使った
12週間の禁煙プログラム
 ニコチン依存症外来では、バレニクリン酒石酸塩(商品名:チャンピックス)という飲み薬を使って大体12週間ぐらいのプログラムを組む。ニコチンガムやパッチはニコチンを補いながら禁断症状を抑えて「タバコを吸う」という習慣をやめさせるものだが、バレニクリン酒石酸塩は脳から発せられる「吸いたい衝動」を抑える薬。保険も使えるため、コストもそれほどかからない。磯部院長によれば、タバコの葉に含まれているニコチンは非常に依存性が強く、ニコチンの吸収を高めるためタバコには数百もの添加物が含まれているという。「アスベストや排気ガスについては熱心に議論されますが、タバコの微小粉塵によって起こる健康被害については、まだまだ無頓着。また、タバコ煙には多くの発がん物質が含まれています。タバコが生まれる前には肺がんという病気はなく、現在のすべてのがんの半分はタバコが原因と考えられています。」
 今年こそは大切な家族の健康を守るために、タバコをやめてみませんか? 

はたちの献血キャンペーン

1/1~2/28、400ml献血と成分献血にご協力ください。
献血者が減少しがちな冬期において安定的に血液製剤を確保するため、成人式を迎える「はたち」の若者を中心として、多くの方に献血に関する理解と協力を求めています。みなさんの温かいご協力をお待ちしております。県内の献血会場については、静岡県赤十字血液センターホームページ(http://www.shizuoka.bc.jrc.or.jp)をご覧ください。

しずおか日赤メールマガジン 第89号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成25年01月01日発行