しずおか日赤メールマガジン

第71号 平成23年07月01日発行


真夏のような暑さが続いておりますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
今年は、震災の影響で、節電ムードが広がっているため、家庭や職場などで、エアコンの使用を控えることが多いのではないでしょうか。
そのような中、注目されているのが、植物で作った「緑のカーテン」です。
「緑のカーテン」は、窓から入る直射日光を遮る上、植物から蒸発する水分により、そこを通る風は涼しく感じられるそうです。お薦めはゴーヤを使ったもの。育てるのに、それほど手間がかからず、収穫した実を食べることもできます。ビタミンCが豊富なゴーヤは夏バテにも効果的です。
さて、メールマガジン第71号をお届けします。みなさまには引き続き温かいご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

目次

1. 今月の病院ニュース
東日本大震災の活動報告2

2. インフォメーション
サービスフロアで夏の感謝祭を開催

石巻赤十字病院支援報告    5-2病棟 殿岡佳世子

 東日本大震災からまもなく4ヶ月が経過します。この震災で被害に遭われた方々には、心よりお見舞い申し上げます。
 今回、私は石巻赤十字病院支援看護師として、3月30日から5日間勤務してきました。その支援を通して、改めて災害の大きさと今後の支援について考えることが出来たのでここに報告します。
3月11日に大震災が起き、テレビではこれが日本で本当に起きている事かと思う悲惨な状況が連日放送されました。石巻赤十字病院は以前は沿岸部に位置していましたが、5年前に内陸部へ移転し、幸い震災による津波の難を逃れましたが、震災後唯一機能した病院であったため、救急患者が殺到し、全国の赤十字病院に支援の要請がありました。自分に出来ることは何かないだろうか?と思っていた矢先の事だったので、これを聞きすぐに名乗りをあげ参加しました。

発災直後の石巻赤十字病院
           (日本赤十字社提供)

 出発日、全国の病院から派遣されたスタッフが日赤本社に集合し、オリエンテーションが行われました。そこで石巻赤十字病院はまだまだ悲惨な状況である事が説明され、不安を抱えながらバスに乗って現地へ向かいました。しかし石巻に着いてみると、お店は閉店しているものの建物の被害がほとんどないことに驚きました。石巻は二極化していて津波の被害を受けたかどうかで、被害状況が全く違い、沿岸部ではテレビの映像のように瓦礫の山が手つかず残っている状況でした。
 私が病院支援に入った時点では、救護班本部やボランテイアの受付場所はありましたが、すでに救急患者は減り、救護体制があるのと同時に一般外来も一部再開し、復旧への体制も整い始めていました。
 配属となった病棟も、震災直後は180%の患者数で、病室や廊下にダンボールを敷いてベッドがわりに寝ていたようですが、支援時には空床があり、通常業務に戻っていたため、スタッフと相談し清拭や体位変換などの生活の支援を行いました。しかし、一見普通に見えた病棟も、実はまだ被災中という状況で、患者さんの食事は3回出ていましたが、主食はお粥又は米飯、副食は缶詰類の1品のみで、衛生材料は節約して使用し、電気は19時頃よりベッドランプのみにして節電していました。被災したスタッフにおいては避難所、ホテルから通勤するか、病院に滞在し、休日は家の片付けと買出しに追われる状況で、通常の生活には程遠い物資のない生活を強いられていました。このような状況下でも、患者さん、現地のスタッフ共に私達の事を気遣い、支援に来たことに感謝してくれて、短い期間ではありますが、精一杯自分に出来ることを行おうと思いました。
 
 

   発災から2週間後の石巻赤十字病院
                         (日本赤十字社提供)

 このように震災から2週間以上が過ぎても大変な状況が続いており、心身ともに疲労も続くと思われ、まだまだ継続的な物資支援、人材支援が必要です。と同時に町の復興が進まないと生活ができず、復興支援が急務であることを痛感しました。
 今後、私個人が出来ることとして、自分が見てきた事を人に伝えていくこと、そして義援金になるようなイベントへの参加、特産品の購入をすることで、東北の人達の応援をしていきたいと思います。
 今回各県より集まったスタッフが何ら違和感なく、すぐに現地のスタッフとして仕事ができたのは、赤十字精神と赤十字ネットワークのチーム力でした。その一員として参加できたことは、私にとって貴重な経験となりました。東海地震が明日にも起きると言われている中、静岡も他人事ではなく、いつ同じ状況になるかわかりません。その際には、今回のような赤十字ネットワークが強い心の支えになると思います。私も今回経験したことが役立つようにスタッフとしてがんばりたいと思います。
  最後に、今回支援に行くにあたり協力していただいた方々に感謝します。
 

夏の感謝祭を開催します

 

 別館1階サービスフロアでは、皆様の日頃のご愛顧に感謝し、7月4日(月)~8日(金)まで夏の感謝祭を開催いたします。
  期間中、お買い物をしていただいた方には三角くじを引いていただき、当たりが出たら景品を差し上げます。
  皆様のお越しをお待ちしております。
 
 

しずおか日赤メールマガジン 第71号

メールアドレスの変更、配信解除  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/about/mailmag/

このメールマガジンに対するご意見・お問合せは
静岡赤十字病院 企画課 mail : kikaku@shizuoka-med.jrc.or.jp

当メールの全文、または一部の無断転載および再配布を禁じます。
編集・発行 : 静岡赤十字病院  http://www.shizuoka-med.jrc.or.jp/
平成23年07月01日発行