ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 整形外科

このページを印刷する

整形外科

診療方針・理念

 整形外科は、運動器と言って、体を移動させるのに必要な神経、筋肉、骨、関節を扱う科です。整形外科以外の疾患で入院となったときに、入院前のように歩けなくなった、動けなくなったという経験はないでしょうか?超高齢化社会の今、命さえあれば良いとお考えの人は少ないでしょう。整形外科とは国民一人一人の人生の質を向上させるために運動器の健康管理を行っている科目なのです。そんな大切な科目なのに、整形外科は難しくて訳がわからない、という声は医療者の中にですらあります。その原因は診断や治療に科学的な根拠が十分でなかったことにあります。この10年に医療はめまぐるしく進歩しました。整形外科も当然昔とは大きく変わりました。時間のかかる難しい治療は大部分廃れ、誰でも簡単に早く治療できる科学的な方法が続々開発されています。みなさんもその恩恵を当院で受けてください。
 

対象疾患

  • 上肢(肩・肘・手関節疾患、外傷、スポーツ障害)
  • 下肢(股関節・膝関節変性疾患、スポーツ外傷、一般外傷)
  • 脊椎(詳しくは部門案内の「脊椎センター」のページへ)

診療内容

外来では専門にかかわらずどのような運動器疾患の患者さんでもお受けします。

 当科の構成メンバーの内訳は、インストラクターが5名、小川(脊椎脊髄病)、野々宮(手外科)、篠﨑、小林(脊椎脊髄病)などです。外来では専門に拘わらずどのような運動器疾患の患者さんでもお受けします。その上で専門性が高いと判断されれば再診時に担当医師へ振り分けさせていただくか、またはご入院後に診療にあたります。
 平成24年4月に赴任した野々宮は静岡県内で手外科、骨折治療に約20年携わってきたベテランです。日本骨折治療学会評議員として全国レベルでも評価されている医師で、指導を希望する若手医師があとを絶ちません。外傷全般に関して独自の治療法を考案し、治療成績を向上させています。とくに鎖骨の最小侵襲手術では競輪選手のカリスマ的存在で手術依頼が絶えません。

診療実績

平成27年度の治療実績

整形外科総入院患者数及び脊椎センター入院患者数
  

  • 整形外科総入院患者数 1,686名
  • 脊椎センター入院患者数 703名