ホーム診療科・部門案内 › 診療科案内 › 脳神経外科

このページを印刷する

脳神経外科

診療方針・理念

低侵襲治療を実践しています。

脳神経疾患の治療には大きな危険を伴うことが多く、また手術侵襲も大きくなりがちです。そこで当科では治療方針を慎重に検討しています。まず本当に手術が必要か否か、他に変わる治療がないかを、常に最新情報を元に検討し、低侵襲で最適な治療を目指しています。
また手術にあたり、顕微鏡手術のトレーニングを日々行うことにより、最高の技術の提供を目指しています。

対象疾患

  • 脳腫瘍
  • くも膜下出血
  • 脳内出血
  • 未破裂脳動脈瘤
  • 頭部外傷
  • 慢性硬膜下血腫
  • 下垂体腫瘍
  • 三叉神経痛
  • 顔面痙攣
  • 水頭症
  • 脳梗塞
  • 頸動脈狭窄症

耳鼻咽喉科との連携により、治療困難な頭蓋低腫瘍の手術も行っています

診療内容

救急外来、一般外来、検査、手術加療を行っています。

【救急外来】

頭部外傷、脳卒中に対し迅速に対応しています。緊急手術が常に可能な状態となっています。

【一般外来】

頭痛、頭重感などの中に潜む危険な疾患を迅速に診断し治療を行います。
運動感覚障害、言語障害、意識消失などの原因を診断し、治療を行います。
他院で診断された疾患の治療についてご相談をお受けします。
当院検診センターで脳ドックを行っており、異常が認められた場合診療を行います。

【検査】

CT、MRI、脳血管撮影、SPECT(核医学検査)、脳波検査を行っています。

【手術】

最新顕微鏡装置、内視鏡を使用し正確、確実な手術を行っています。


顕微鏡を使用した手術


診療実績

主な診療実績

 

 H24H25H26H27
手術件数167190186210
脳腫瘍22172625
脳動脈瘤21353028
バイパス術33814
動脈内膜剥離術05515