ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 看護部

このページを印刷する

看護部

看護の力を発揮した活動がいっぱい! チーム医療を進めています。

看護師の全体のレベルアップに向けて


【専門・認定看護師】
日本看護協会の認定する専門・認定看護師が、看護師全体のレベルアップに力を発揮しています。
「専門看護師」とは、ある特定の専門看護分野において卓越した看護実践能力を有することを認められた者をいい、「認定看護師」とは、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた者をいいます。
近年の医療や看護の高度化・複雑化に対応した、より専門的で高水準の知識や技術をもった看護のスペシャリストです。

[当院で活躍する専門・認定看護師たち]

専門看護師(1名)
  • がん看護専門看護師 :1名

認定看護師(14名)
  • 救急看護認定看護師 :3名
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師 :2名
  • がん化学療法看護認定看護師 :1名
  • 訪問看護認定看護師 :1名
  • 感染管理認定看護師 :2名
  • 糖尿病看護認定看護師 :2名
  • 摂食・嚥下障害看護認定看護師 :1名
  • 認知症看護認定看護師 :1名
  • 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師:1名

その他
  • 糖尿病療養指導士 :2名
  • 認定看護管理者 :4名

専門・認定看護師の紹介


  • がん看護専門看護師   浅場 香

 

がんに関する治療はここ数年でかなり進歩してきました。しかし、「がん」と診断されると予定していたこれからの生活が変化することから、「今後、どうなるのだろうか?」と不安を強くお持ちになる方が多いです。がん看護専門看護師は、「がん」があっても自分らしい生き方をあきらめなくてもいいように、ご本人やご家族の治療への不安や迷い、病気からくる体の症状や心の落ち込みに対して、さまざまなケアを行うことを役割としています。「がん」という病気とうまく付き合っていけるように、外来や病棟、がん相談支援センターでお手伝いさせていただいています。院内の医療者をはじめ、地域の医療者とも協働して、多くの方に少しでも安心して治療やケアを受けていただけるような環境づくりをさせていただきたいと思っています。
 
 
  • 救急看護認定看護師 村松 美代子 名倉 やよい

 

救急看護認定看護師は2名で活動をしています。2人同時期に研修に行き、共に学び意気揚揚と病院に戻ってきてはや10年・・・今年は2回目の更新年です。スペシャリスト!?でもかなり年季が入ってきました(>人<;)
救急看護といっても常に急変対応(心臓マッサージなど)を行っているわけではありません。血圧が低い患者さんや意識のない患者さん、緊急で大きな手術を受ける患さんなど様々な状態の患者さんの看護をするため、広い分野での知識や技術を必要とします。そして、いざと言うときの心肺蘇生技術。やはりこれも重要な救急看護のスキル!それらを広く・深く身に付け実践しているのが救急看護の認定といえるでしょうか。普段は救急病棟でスタッフとして働いています。患者さんにとって最もよい看護とは現場でスタッフと一緒に考え、日々活動しています。心電図の研修や呼吸ケア研修、緊急対応スキルアップのための病棟ラウンドなど、いろいろやっています!
 
 
  • 皮膚・排泄ケア認定看護師 岡 志津香 杉山 美津子

 

皮膚・排泄ケア認定看護師は、主に褥瘡ケア、ストーマ(人工肛門や人工膀胱)や便尿失禁のある患者さんのケアを中心に行っています。褥瘡のある患者さんに対して、褥瘡ケアの方法を形成外科医師と相談し、管理栄養士と栄養状態を改善させるための食事の工夫、薬剤師と投与されている薬剤の見直し、そして理学療法士の方とベッド上での体位の工夫について検討しています。
また、ストーマを造設された患者さんに対して、退院後も継続して外来で、ストーマの状態やケア方法の確認を行っています。
そして、便尿失禁のある患者さんに対しては、数多くあるオムツの中から、一人一人に適したオムツの選択についての相談も行っています。
入院中の患者さんだけでなく、外来や在宅、施設に入所されている患者さんに対しても、皮膚障害を起こさないように、スキンケア方法の工夫なども、一人一人の疾患や生活スタイルに合わせて、相談に応じさせていただいております。
 
 
  • がん化学療法看護認定看護師   浅場 香

 

がん化学療法看護認定看護師は化学療法(抗がん剤治療やホルモン療法)に関する副作用症状や心の悩みなどのケアを専門的に行う看護師です。普段は、副作用症状とうまくつきあいながら日常生活と治療を両立することができるように、化学療法センターでお手伝いさせていただいています。また、化学療法を安全に、安心して受けていただけるように、医師や薬剤師とも協力して副作用症状を予防できるような治療の方法を検討しています。
化学療法をうける患者さんが少しでも安心して治療とうまく付き合い、「がん」があっても自分らしい生活を続けることができるように、副作用による体や心のつらさを和らげるお手伝いをさせていただきたいと思っています。
 
  • 訪問看護認定看護師 石神 泉

 

静岡赤十字病院の訪問看護は、医療社会事業部として昭和50年代から行われています。
静岡県下においては、病院で訪問看護を行なっている所は数少なく、当院では、医師が必要と認めた患者さんのお宅に訪問看護と訪問診療を行なっています。病院が行なう訪問看護の特徴は、入院中から退院したあとの在宅療養まで主治医が変わらないため、訪問看護での様子を速やかに報告・相談することが出来、迅速な対応がとれることです。そして患者さんやご家族は、退院後も安心して在宅療養をしていただいています。病院での訪問看護認定看護師としての活動は、退院支援の取り組みに参加し、医療依存度の高い患者さんが在宅に帰る時のパイプ役を担うことです。例えば、がん終末期の患者さんで、可能な限り自宅で療養を希望される場合、訪問看護師は入院中から患者さんとご家族と面識を持ち、患者さん本人の在宅移行の意思を確認した上で、ご家族の意向を踏まえてスムーズに訪問看護を開始できるように調整します。
また、残された時間を家族と共に家で穏やかに過ごすことが出来るように、一人ひとりに丁寧な関わりを心がけ看護を継続しています。

    • 感染管理認定看護師 秋山 裕子 山田 ちな美

     

    私達、感染管理認定看護師は、病院内でおこり得る様々な感染症から、患者さんや職員はじめ、当院に来院する全ての人々を守るため、感染防止対策を推進する役割があります。具体的な活動として、感染をおこさない、広げないための病院内のルール作り・感染に関する相談窓口・感染症発生時の早期対応・検査や治療に使用する医療器具が正しく清潔に管理されているか、患者さんの療養環境が安全で清潔に保たれているかの確認等を行っています。当院では医師・看護師・薬剤師・検査技師が集まり、感染対策チームとして組織横断的な活動を行っています。主に、感染対策のルールが守られているか院内をラウンドし、問題を解決するためのミーティングを行っています。感染防止に関する活動を通し、患者さんに安全な療養環境で安心して治療を受けていただけるよう、日々努力していきたいと思います。
     

    • 糖尿病看護認定看護師 高橋倫世 柿宇土敦子

     

    糖尿病は食事や運動など日常生活が大きく影響する疾患です。特に近年は、生活習慣の欧米化に伴う栄養の偏りや運動不足などにより糖尿病患者や予備軍が急増しています。私たちは糖尿病の教育入院患者さんや外来通院されている患者さんに対して、悩みに寄り添う相談や療養生活の支援を行っています。具体的な活動としては、外来・入院ともに今の患者さんの状態にあった血糖コントロールの目標や日常生活の工夫点を一緒に考え、合併症を起こさない、あるいは合併症を進行させないための生活上の注意点などをお話しています。また糖尿病治療のひとつであるインスリン注射の操作方法の説明や、自己血糖測定の活かし方などについてもお話しています。フットケア外来では足の傷の予防や足の手入れについて患者さんへの指導に力を入れています。患者さんが糖尿病と上手に付き合いながら裕かな療養生活を送れるように、これからも支援していきたいと思います。
     

    • 摂食・嚥下障害看護認定看護師 増田江美

     

    摂食・嚥下障害看護認定看護師の増田江美です。日本看護協会は摂食・嚥下障害看護認定看護師の知識と技術について「摂食・嚥下機能の評価および誤嚥性肺炎、窒息、栄養低下、脱水の予防、適切かつ安全な摂食・嚥下訓練の選択および実施」としています。私の認定看護師としての活動では栄養管理検討委員会内の摂食・嚥下機能療法チームに属しており、摂食・嚥下機能障害を有するまたは有すると疑われる患者さんの嚥下機能評価を行い経口摂取が可能であるか、可能であればどのような食物形態や摂食条件が必要か、どのような訓練をすれば安全に食事を摂ることができるかを考え、他職種と協働して患者さんに必要な援助をしています。また、通常は脳神経科病棟である3-4病棟に勤務しています。病棟では専門的嚥下評価を行うことのできる看護師の育成にも携わり、現在では3名の看護師が活躍しています。何かありましたらお声をおかけください。よろしくお願いします。
     
    • 認知症看護認定看護師   森藤あゆみ

     

    超高齢社会となり、認知症がありながら他疾患の治療のために入院される患者さんが増えています。認知症は入院という環境の変化や、日常生活の制限などにより症状が悪化することや、攻撃的な言動や徘徊など他の症状を生み出すこともあります。
    私たち認知症看護認定看護師は、患者さんの尊厳を守り生活環境の調整やケアの実践・御家族のサポートなどをさせていただいています。また、各病棟をラウンドし、認知症患者さんや御家族のお話を伺い、病棟看護師と一緒にケア方法を検討し、継続したケア実践ができるよう看護スタッフの教育にも努めています。関わり方や少しのケア方法の工夫で認知症患者さんは安心され、穏やかで安全に入院生活を送ることができると感じています。
    認知症患者さんお一人お一人の声に耳を傾け寄り添い、その人らしく生きることを大切にし、患者さんや御家族の笑顔が多く見られるような活動を続けていきたいと思っています。
     
     
    • 脳卒中リハビリテーション看護認定看護師  梶原聡子

     

    脳卒中は突然発症し、意識障害や運動麻痺、高次脳機能障害などの障害が起きます。病前と違う姿に戸惑う患者さんや家族の心と身体に寄り添いながら支援を行っています。
    活動としては摂食・嚥下機能療法チームに所属し、患者さんが安全に食事が摂取できるよう他職種と協働しております。現在私は病棟に勤務しており、日々の実践をとおして役割モデルを示し、看護スタッフ相談に対応しています。病棟内で勉強会を行い、スタッフの育成にも取り組んでおります。また、脳卒中発症後は早期リハビリテーションが重要となります。病棟では離床カンファレンスを行い、安全に離床を進める方法や日常生活活動を拡大する方法をスタッフ全員で考え、実践につなげています。患者さんやその家族が今後の人生をどのように送っていきたいかということを大切にその人らしい人生を送れるようこれからも支援していきたいと思います。
     
 
 

赤十字の活動

国内外の救護活動や各種講習指導で活躍しています。

【赤十字講習指導資格】

  • 赤十字救急法
  • 赤十字幼児安全法
  • 赤十字健康生活支援講習

講師として研修を企画し、院内職員を対象に実施しています。また、日本赤十字社静岡県支部の活動として、一般向けの講習会も開催しています。

【救護活動】

国内の災害発生時にはいつでも出動できるように、医師を班長にした救護班を任命し、訓練を行っています。
また、イベントなどの平時救護も実践しています。

[主な救護活動実績]

海外救護

イラン南東部地震被災者救護 パキスタン地震救護 フィリピン共和国オーロラ州保健医療支援

国内救護

阪神淡路大震災 有珠山火山活動 福井豪雨水害 新潟県中越地震 能登半島地震 東日本大震災

平時救護

小学校チャレンジスクール サッカーワールドカップ大会 愛知万博 日本平マラソン 安倍川花火大会 障害者スポーツ大会 など

救急法

イラン バムの子供たちと

フィリピン共和国
地域保健ボランティアの育成