ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 栄養課

このページを印刷する

栄養課

組織・スタッフ

栄養課職員の構成を紹介します

栄養課は栄養課長、栄養指導係長、栄養係長、調理係長、管理栄養士、調理師、業務員の計28名で構成(内訳は管理栄養士9名、調理師、18名、業務員1名)されています。

【取得資格例】
NST専門療法士6名、病態栄養専門師1名、NR(栄養情報担当者)1名、サプリメントアドバイサー1名、
特殊専門調理師6名、TNT-D認定管理栄養士2名、病院調理師3名、健康食品管理士1名、
糖尿病療養指導士2名、サーブセーフ(食品衛生トレーニング&認定試験)9名、
専門調理食育推進員認定1名、西洋料理専門調理師1名

【勤務体制】
  • 管理栄養士 ①日勤8:30~17:00 ②遅番9:50~18:20 の2交替
  • 調理師    ①早番5:10~13:40 ②日勤8:30~18:20 ③9:00~18:50 ④11:00~20:50 の4交替

管理栄養士は9名です

委託会社(株)ダイケンビルサービスの皆さん

 

 

 

調理師は現在18名です

 

 

 

所属長より


チームワークでやさしい食事作りを目指します

 料理は献立、材料、調理が一体となって作られます。そして最後のかくし味はなにより患者さんを思う気持ちです。
 栄養課では献立係、レシピ係、衛生係、施設係でチームを作り、お互い意見を出し合って少しでも患者さんの心を癒すことができるようなやさしい食事作りの取り組みをしています。そのためにはスタッフ全員の技術面と精神面でのスキルアップが必要になります。
 栄養や、調理ばかりでなくいろいろな勉強会、研修会に幅広く参加できる機会を設け、そこで得た一人の知識をスタッフ全員の知識になるよう報告会等で共有することでお互い助け合える環境作りを心がけています。                               

食事は元気の源です。3-9病棟の血液内科病棟クリーンエリアでは、2ヶ月に一度“生物禁バイキング”を実施しています。生ものを禁という食事制限が厳しい中で少しでも食事を楽しんでいただこうと季節に合わせたメニューが3-9病棟クリーンエリアに並びます。この日は、ミニバーガー、手まり寿司、バーニャカウダなどの彩り鮮やかな料理が並びました。

 

 

 


災害時に患者さんの食の安全を守るのも栄養課の大事な仕事の一つです。災害時でも迅速に対応できるように2ヶ月に1度防災訓練を行い緊急時に備えています。

 

 

 

厨房スタッフより

明るい雰囲気の現場、頼れる先輩たちの背中を追い越すために日々勉強中です!


厨房担当スタッフ・橋本
 

 私は四年制大学で経営学を学んだあと、短大に入学し栄養士免許を取得しました。卒業後は、約一年間高齢者施設で働き昨年から当院厨房で調理業務で携わっています。入ったばかりの頃は分からないことが多くて毎日不安でしたが、優しく丁寧に教えて下さる先輩方のおかげで、盛り付けをはじめ、スチームコンベクションオーブンを使った調理や、ミキサー食、嚥下訓練食などの特別食も担当できるようになりました。
 私たちの現場では、温かいものは温かく、冷たいものは冷たく召し上がっていただきたいという想いから、病棟へと運ぶ直前に食事の盛り付けをします。そのため、常に時間との戦いとなりますが、患者さんより「入院生活で食事が一番楽しみ」「いつも美味しい食事をありがとう」などのお褒めの言葉をいただく度に、気持ちが通じたことの喜びと、やりがいを感じています。
 これからも、一つずつ出来ることを増やし、より「安心・安全」で「美味しい」食事をお届けできるよう、精進していきたいと思います。
 
 

産科・小児科の患者さんと、院内保育室
へ手作りおやつを提供しています

アレルギーや味付け等の個別対応が多く、調理も複雑です

 

水中の細菌や有害物質を除去できる、
調乳用水製造装置で作られた調乳水を
使用しての調乳作業

安全に食事を提供する為の患者データ
確認作業

粘着クリーナーによるローラー作戦で
異物混入を防ぐ衛生管理を徹底