ホーム診療科・部門案内 › 部門案内 › 検査部・輸血部

このページを印刷する

検査部・輸血部

組織・スタッフ

検査部・輸血部 職員の構成をご紹介します。

検査部長1名、輸血部長1名、臨床検査専任医師1名、臨床検査技師31名(技師長1名、課長3名、係長9名、技師18名)です。

部長及び専任医師

職名・氏名

卒業年度

主な専門領域

認定医・専門医

検査部長
今井 昇

昭和63年 


神経内科一般
 

日本内科学会総合内科専門医・指導医
日本神経学会神経内科専門医・指導医
日本脳卒中学会脳卒中専門医
日本頭痛学会頭痛専門医・指導医
国際頭痛学会認定 Headache Master
日本救急医学会認定 ICLS コースインストラクター
輸血部長
小原澤 英之
平成4年 血液内科一般、輸血学、
造血幹細胞移植
日本内科学会認定内科医
日本血液学会認定血液専門医・指導医
医師
朝比奈 彩
平成18年 血液内科、一般内科 内科認定医、日本血液学会専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修修了
 

認定技師

検査部・輸血部の各種認定資格と認定技師数を掲載します。  

認定資格

技師数(人)

日本臨床細胞学会

細胞検査士

1

日本検査血液学会

認定血液検査技師

8

日本サイトメトリー学会

認定サイトメトリー技術者

6

日本輸血・細胞治療学会

認定輸血検査技師

3

日本超音波医学会

超音波検査士

消化器

8

循環器

5

体表臓器

6

泌尿器

1

血管

1

認定血管診療技師

3

日本静脈経腸栄養学会

NST専門療法士

2

日本人類遺伝学会

臨床細胞遺伝学認定士

2

日本糖尿病療養指導士

1

認定臨床エンブリオロジスト

1

緊急臨床検査士

4

骨髄検査技師

1

 計 (延人数)

53

所属長より

認定資格に裏付けられた高いレベルの技能を身につけよう。

診断や治療に欠かすことのできない検査データを正確・迅速に提供するためには、優れた機器やシステムが重要なことは言うまでもありませんが、それ以上に個々の技能が重要と考えます。このような観点より当院検査部では認定資格取得を奨励しており、現在31名の検査技師が認定血液検査技師、認定サイトメトリー技術者、認定輸血検査技師、超音波検査士(消化器、循環器、体表臓器、泌尿器、血管)、認定血管診療技師、NST専門療法士、臨床細胞遺伝学認定士、日本糖尿病療養指導士、認定臨床エンブリオロジスト、緊急臨床検査士等の資格を取得しています。共に研鑽する人を望みます。

スタッフより

臨床検査技師を目指す皆さんへ

当院検査部では学会活動、研究、人材の教育・育成を積極的に行っており、検査技師としてのスキルアップを目指すには素晴らしい環境です。また、当検査部は採血、高度生殖補助医療(IVF)、NSTなどの業務も行っており他部門とのコミュニケーションを積極的にとり幅広い診療支援を行っています。私は当院検査部に勤務して3年目になりますが、認定技師取得という目標を掲げ、日常の業務や先輩方から多くのことを学び充実した日々を過ごしています。