日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ

  • 静岡若手医師のための感染症カンファレンス

2014年3月20日

 はじめまして。研修医1年目の山本です。
 3月15日(土)当院にて、2013年度第4回「静岡若手医師のための感染症カンファレンス」が開催されました。このカンファレンスは静岡市内の急性期病院である県立総合、市立静岡、済生会、赤十字の研修医を対象としている勉強会で、感染症に関連する症例を発表し、それに対してディスカッションするという形式で行っております。さらに、静岡がんセンターの感染症科の先生を講師としてお招きし、発表へのコメントや講義を行っていただいております。
 今回のテーマは輸入感染症であり、済生会病院の先生が経験したデング熱の症例を発表していただきました。静岡がんセンターからは感染症科部長の倉井華子先生が講義に来てくださいました。
 私は初めての司会を務めさせていただきましたが、活発な討論もあり、病態への理解や普段接することの少ない輸入感染症への知識が深まったということで研修医からの評判も上々でした。今後の救急外来等で今回の経験を活かしていきたいと考えております。
 参加してくださった皆さん、お疲れ様でした!

 

 

 

 


↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.