日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ

  • 松本純一先生の院内講演会

2014年3月7日


 

 2月21日、「外傷診療における画像診断:命の沙汰も画像次第!?」というテーマで聖マリアンナ医科大学の松本純一先生にご講演頂きました。松本先生は放射線科医として救命救急センターに常勤されており、本邦における救急放射線領域の第一人者でいらっしゃいます。毎年1回、救急領域の画像診断をテーマにご講演頂いていますが、今回は外傷におけるCTの位置づけや撮影法、読影について詳しくお話頂きました。特に、最新版のJATEC(外傷初期診療ガイドライン)テキストに採用されたFACT(Focused Assessment with CT for Trauma)の考え方について、実際の症例のCT画像を使って解説して頂きました。研修医や若手医師だけでなく、放射線技師など多くのコメディカルの方々も参加していました。

 
 


↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.