日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ
 臨床研修事務局の森です。

 今年の夏も、ふじのくにが主催する病院見学ツアー、ならびに病院合同説明会に参加しました。

 病院見学ツアーでは、救急科の中田部長のお話のあと、研修医の宿舎を実際に見に行きました。
 また、説明会では、静岡県内での勤務を希望される学生さんたちにブースを訪れていただき、プログラムを始めとした当院の紹介をさせていただきました。

 ふじのくに主催のツアーや説明会は、学生さんにとって多くの県内の病院を同時に触れることができるチャンスです。
 ぜひ活用していただき、静岡県の魅力を再発見してください!

 

 

 


2016年8月17日

 研修医1年目の門脇です。

 静岡赤十字病院では、初期研修2年間で最低1回の学会発表の経験が課せられえています。
 私はこのたび、第6回静岡県中部地区救急・集中治療研究会で症例発表をする機会を頂きました。

 4月、消化器内科ローテート中に肝外傷をIVRで治療しえた症例を経験させていただき、指導医の先生から症例報告をしてみないかとお声かけいただきました。
 
 まだ研修が始まったばかりで、わからないことだらけで不安でしたが、先生にとても親切にご指導いただき、なんとか発表を形にすることができました。病態に関する理解も深まり、症例発表の全容も掴むことができました。

 忙しい日も多かったですが、とてもいい経験ができました。
 お忙しい中ご指導ありがとうございました。

 こんにちは、臨床研修事務局の森です。
 暑い日が続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。
 静岡市では先日、花火大会が開催されました。
 夕方から多くの浴衣姿の人々が会場へ向かう姿が見られ、夏本番の到来を感じます。

 さて、8月5日(金)、外科の安藤先生による「糸結び応用編」のミニレクチャーが開催されました。
 研修医の先生が集中して練習されている姿をご紹介します。
 指導医の先生方からアドバイスを受けながら、皆さん時間ぎりぎりまで練習を続けられていました。

 

 

 

 

 


こんにちは、臨床研修事務局の森です。
7月17日(日)、東京ビッグサイトにてレジナビフェアが開催され、当院も静岡県内ブースにて出展いたしました。

全国から学生さんが集まり、また参加病院数も600を超えるイベントであって、今回も大勢の方が忙しなく会場内を行き来していました。

当院のブースにも多くの方にお立ち寄りいただき、当直のことや宿舎のことなど、様々なご質問をいただきました。研修医1年次の先生、後期研修医の先生と、ブース対応にあたった医師が若手ということもあり、リラックスした雰囲気で会話が弾んでいたと思います。

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました!
もし当院にご興味をお持ちいただけたら、お気軽に見学についてお問い合わせくださいね。

 

 

 


 総合内科の池上です。
 7月3日、内科主催のバーベキューに参加しました。
 毎年恒例のバーベキューで、今年も初期臨床研修医を含め多数の参加がありました。
 うだるような暑さでぐったりもしましたが、みんな楽しんでいたと思います。

 


 

 


 臨床研修事務局の森です。
 今週末の病院合同説明会に下記のとおりブース出展しますのでお知らせいたします。

 7月17日(日)10:00~17:00
  レジナビフェア2016in東京(東京ビッグサイト)
  ブース【F-2】静岡県(ふじのくに地域医療支援センター)ブース内


 参加者は、当院の初期臨床研修を修了し、現在産婦人科で後期研修を行っている加藤先生をはじめ、
 初期臨床研修医の鈴木先生、坂田先生、中川先生です。

 若手の先生中心のため、学生さんに近い立場からお話しいただけます。
 ぜひ、お立ち寄りください!

 また、当院では病院見学も受付中です。
 本年1月に新しくなったばかりの救急外来など、実際の様子をご自身の目でご確認いただけたらと思います!

 

 

 

 

 


 こんにちは 研修医1年目、新社会人の芹澤です。
 今回は、今年度初の研修医が書くブログということで、当たり障りのなく取り留めもない話をしていこうかと思います。テーマは『部活動』です
 新社会人には馴染のないはずの単語ではありますが、ここ静岡赤十字病院は部活動があるのです。フットサル、バスケ、テニス、バレー、マラソンなどなど・・・多くの方が部活動に励んでおります。中部ブロックの赤十字病院スポーツ大会なるものが7月末にあり、参加する部活は、今は特に熱が入っていることでしょう。
 さて、僕の入っているフットサル部を例にあげて紹介します。フットサル部には職種問わずたくさんの方が在籍しています。もちろん経験者のみではなく、初めての方や、女性の方もたくさんいます。好きなスポーツを楽しみながら、多職種の方と交流ができ、すると仕事も円滑に進む!そう、良いことづくしです。
 先日あった近くの病院が参加した大会はとても盛り上がりました!そして静岡日赤が優勝!!フットサル部は熱いキャプテンのもと、中部ブロック赤十字病院スポーツ大会優勝を目標に掲げております。
 病院選びに悩んでいる医学部6年生のみなさん、仕事だけでなく部活もまだまだ頑張りたいのなら、静岡赤十字病院をえらぶのは1つの選択肢ではないでしょうか・・・・!?

 

 

 

 


こんにちは、臨床研修事務局の森です。
今年度も、第13期生となる12名の研修医の先生方のオリエンテーションが行われました。その一環として開催されたICLSは、心肺停止になった成人の蘇生法であり、4月からさっそく救急外来で研修を行う先生方にとって大切な内容です。

救急科の先生を中心とした指導医のもと、研修医のみなさんは1日がかりの長い講習をチームとして乗り切り、無事講習会は終了しました。

講習会終了後は、日本救急医学会認定ICLSコースの修了証を受け取り、全員で記念撮影をしました。
みなさんお疲れ様でした!

 

 

 

 


臨床研修事務局の森です。
 3月も下旬にさしかかり、臨床研修事務局は研修医2年次生の修了判定会議や修了式、そして新しい1年次生の受け入れ準備等、行事満載で忙しい日々を送っています。
 さて、3/24にふじのくに病院見学ツアーに参加しました。今回は6名の学生にお越しいただきました!救急科部長で臨床研修責任者でもある中田先生が、1月に新病院としてオープンしたばかりの救命救急センター外来や病棟を中心に、研修医室、図書室等、院内を紹介しました。90分という短い時間でしたが、研修医との座談タイムもあり、充実した時間を提供できたと思います。
 参加された学生さんは、みなさん学校が違い遠方の方が多く、静岡の救急体制や当院の臨床研修について真剣なまなざしで聞き入っていました。
 もちろん、見学は随時受付していますので、お気軽にご連絡くださいね。

 

 

 

 


こんにちは 臨床研修事務局の森です。

第110回医師国家試験も先週末終わりました。医学部6年生のみなさんは、ほっと一息ついたところでしょうか 卒業旅行に出発!という方も多そうですね。
さて先日、静岡の合格祈願スポット“静岡天満宮”に事務局・森と前任担当者の小島先輩とお参りに行ってきました。学問の神様である菅原道真公を祀る神社で毎年受験シーズンになると多くの受験生&親御さんが足を運んでいます。梅の花も可憐に咲き、合格!!と願いが込められた絵馬もたくさん並んでいました。
休日に、事務局・森と前任担当者の小島2人で参拝しに行くなんて、なんて優しい事務局なんだ!と思われた方、安心してください。 この伝統ある“静岡天満宮”ですが、なんと静岡赤十字病院3号館のとなりに位置しているのです。歩いて10秒です(笑)。  という訳で、お昼休みを利用して参拝に行って参りました。歩いて10秒ですが、臨床研修事務局の熱い思いは神様に届いたはずです。

 

 

 

となりの茶色の建物が病院3号館です

 


前へ ホーム 次へ
↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.