日本赤十字社 静岡赤十字病院
臨床研修ブログ
 こんにちは、研修医1年目の松沢と申します。
 夏真っ只中の季節になってきましたね。非常に人一倍、いや二倍以上汗をかきやすい僕にとってはとても大変な季節となりました。
 本題に移りますが、今回はここ最近の研修の様子などについてご紹介させて頂きたいと思います!
 
 研修について
 僕は現在外科で研修させて頂いてます。外科の研修では病棟回診を始め、手術に助手として入らせて頂いたり、内視鏡室に入ったりと色々なことを経験させて頂いています。毎日回診を行い術後の患者さんの創部のチェック、洗浄、ガーゼ交換など一つ一つの難しくないように思われる事も一つ一つやり方があり、またそれには理由がありと毎日同じ事をやっている様で新しく気付かされる事が沢山あります。学生時代に想像していたよりも奥が深いです。手術や内視鏡は予定して行われますが、外科では緊急の場合もあり、自分が緊急手術の担当をしている日は夜間に呼ばれる可能性があります。少し大変ですが、個人的には緊急の医療現場に少しでも携われている感覚がありとても刺激的な日々を送らせて頂いています!

 病院外で
 少し前の話になってしまいますが、内科の先生が主催するBBQに参加してきました!僕自身はまだ内科を回っていない身であり、救急科で研修中や当直時にコンサルとさせていただくのみで、たくさんお話しさせて頂いたのは初めての機会でした。先生方はとても気さくに話しかけて下さり、また同期の研修医ともたくさん飲んで話して食べることができました!僕自身は今年度の後半に内科を研修させていただく予定なのですが、内科での研修も楽しみです!

 もし病院見学に来た際に明らかに体の大きな研修医を見かけたら気軽に声を掛けてください!何でもわかる範囲で答えたいと思います!
 最後にみなさん脱水症にはくれぐれもお気をつけください!

静岡赤十字病院 第14期研修医 松沢優一

 

 

 


 どうも研修医1年目の城崎です。病棟で年次詐称疑惑が取り沙汰されておりますが、正真正銘のフレッシュマンです。
 4月に初めて地元東京(多摩地区、比較的郊外)を離れ、静岡に来てからあっという間に4か月が経ちました。静岡の方々はみな優しく、のんびりとした温かい雰囲気とお茶のいい香りに満ちていて、とても居心地よく充実した研修医生活を送らせてもらっています。ここのところ研修医による当ブログの更新が滞り、研修医ブログという名の総務課ブログになりかけていました。ごめんなさい。

 前回の投稿で総務課森さんからご紹介させていただいた通り、7月16日にレジナビin東京に参加してまいりました!おかげさまで40名弱の学生さんたちがブースに足を運んでいただき、僕らのおぼつかないながらも熱のこもった説明に熱心に耳を傾けてくれました。ありがとうございました!
すでに何名も実際に見学に来てくださり、当院の魅力を存分に味わっていただけたと思います。見学は随時受け付けていますので、どしどしご連絡いただき何度でも見学に足を運んでいただければと思います。学生のみなさまお待ちしています!

 話は変わりますが当院は市街地の中心に位置している一方で、少し足を延ばすと静岡の豊かな自然にふれることができるのも魅力のひとつかと思います。
 当院が誇る研修医No.1カメラマン曲(まがり)先生ご指導のもと、5月には野生の蛍を撮影しに蓮華寺池公園へ、先日は夏の風物詩花火を撮影しに真夏の祭典安倍川花火大会へ行ってきました。写真はお見せするのも恥ずかしいレベルですが、時間を忘れてリフレッシュすることができました。また曲(まがり)大先生からお誘いのお声がかかるのを待つ日々です。

レジナビ㏌東京

蓮華寺池公園の蛍

蛍を撮影中の曲先生

 

安倍川花火大会

 

 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.