日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ

2014年11月28日


 

 はじめまして。
 私たちは外来Aブロックです。
これは当院での呼び名です。担当科は、泌尿器科(本館5F)・皮膚科・麻酔科・外科(本館8F)の4診療科です。職員は看護師・看護助手10名、医療秘書3名、受付事務5名です。それぞれに、病院の顔、家庭の顔を持ちながら、日夜パワフルに頑張っています。経験豊富な看護師達が、ややせわしく立ち回っている部署かも知れませんが、病気のご相談はもちろん、家庭のこと、子育てのこと、癌における痛み等についても積極的に緩和に務めていますので気軽にお声をかけて下さい。必要な場合は内容に応じて、専門の担当窓口をご紹介させていただきます。
 現在は建築中のため何事においても、移動距離が長く、皆様にご不便・ご迷惑をおかけしていますが、明るく、笑顔で、爽やかな対応に努めて参ります。


 こんにちは、救命救急センター(救急病棟)です。私たち救急病棟は、主に輪番制の2次救急での入院患者さんと3次救急での入院患者さんに対応する病棟です。新病棟建築中の病棟のため、まだ本館4階の旧棟にいますが、新病棟に移動がスムーズに行えるように、スタッフ教育係やマニュアル整備係、5S係が活躍しています。そして今年度からPNSも開始しました。
 フィッシュ係による夏冬の親睦会や、お互いの看護を褒める取り組み、自己紹介ファイルなど、明るく楽しく学びあう病棟を目指しています。

 

 


 

 


 7-1病棟は耳鼻科・小児科をはじめとした混合病棟です。赤ちゃんから大人まで幅広い世代の入院患者さんがいるため、患者さんそれぞれのニーズに合った看護実践を目標に、日々ケアにあたっています。ママさん看護師が多く働いており病棟全体が穏やかな雰囲気で働きやすく、新人さんたちも元気に頑張っています。
入院中の子どもたちに季節に合わせた行事を楽しんでもらえるよう、保育士さんとともにイベントの企画もしています。左の写真は夏祭りの様子です。子どもたちにも企画・準備から手伝ってもらいました。当日は楽しんでいる子どもたちの様子が印象的でした。またナースステーション奥にある新生児室には小さく生まれた赤ちゃんがいて、すやすや眠っている姿やおいしそうにミルクを飲む姿に癒されますよ。


 

 


 

 


 6-1は年間600件の分娩を扱う、産科単科の病棟です。
 熱いハートを持った総勢33名の助産師が、病棟でかかげる“安全で感動のお産、すばらしい育児のスタート”をモットーに幅広く活動しています!
 妊娠中は助産師外来にマタニティヨガ、ハッピーバースクラス・パパクラスなどの教室を実施、産後はアロママッサージやママサロンの開催…ママ・パパ・赤ちゃんをサポートできるように、色々なことにチャレンジしています。
 下の写真(左)は、ママサロンの様子です。育児のストレスを発散させながら仲間作りもできると、大変好評です。
 私たち産科病棟は、平成28年1月には、未熟児医療を加えて新棟6階で新しい病棟がスタートします。
 ぜひ当院で妊婦ライフ、お産、育児を一緒にサポートしませんか?お待ちしています!

 

 

 


 新しい手術室で、初めての夏を迎えました。古い病院では、日によって、ハワイのような部屋とか、シベリアの如き寒さ(行ったことはないですが)で、大変空調がよろしくなかった訳ですが、今は、とても快適になりました。
 昨年は4300件の手術がありました。毎年、お盆の前は、特に忙しいです。忙しいけれど、みんなで納涼会を楽しみました。忙しいからこそ、楽しむ余裕とパワーが必要なのだと思います。研修や学会に参加して、自己研鑚。季節の料理を楽しみ、旅行、読書、笛を吹いたり踊ったりで、心に栄養を。子育てとか、家のローンとか、親の介護とか、困難も、パワーに変えて。そして、お互いのライフワークバランスを大切にできる職場でありたいです。「こころ、豊かにあれかし。」ですね。


  

 

 


5-3病棟は消化器外科、乳腺・甲状腺外科、眼科の入院患者さんを看護させていただいています。年間手術件数700余件あり、入院延べ患者数も院内第2位です。このような環境の中でも、看護師は院内外の研修や学会への参加、病棟内のプロジェクトでも活躍しています。こんな活気あふれる看護師とにぎやかな看護助手とクラーク、そして元気な医師たちが一丸となり、患者さんの入院生活が安全で安楽でありますように医療の提供をしています。患者さんのその人らしさを大切に、医療が受けられるようにサポートしていきたいと考えています。そして、日赤病院でよかったと思っていただけるように努力を重ねています。手術や治療、退院後の不安など心配なことがあれば、是非ご相談ください。




6-3病棟は、泌尿器科・婦人科・心臓血管外科・外科の混合外科です。
 院内で一番入退院が多い病棟なため、毎日忙しいですが手術を通して患者さんが元気になる姿を間近でみることができます。また、笑顔で帰っていく姿を見るととても嬉しく、大変だけどやりがいのある仕事だなと実感できます。ママさんナースも多く、仕事と育児を両立している方がたくさんいる病棟です。
 現在病棟内ではPNSの導入が始まっています。先輩と一緒に患者さんに対応するためとても心強く、さらに多くの先輩の看護を学ぶことができます。いろんな人の看護観を通じてよりよい看護を提供できるよう日々奮闘しています。またPNS導入もありコミュニケーションの場が増え、より良い環境で働くことができていると感じます。そして病棟内だけでなく、仕事を終えた後も交流があり、先日もビールパーティーでカニをおなか一杯頂きました♪新歓・忘年会も皆で楽しんでいます!!
 6-3病棟は、笑顔が絶えなくとても明るく活気ある病棟です♪

 

 7-3病棟は、内科とリハビリ期の整形外科病棟です。ベット数は48床で、院内で最もベット数が多い病棟です。また混合病棟ということもあり、大勢の医療者が出入りします。そのため、お互いのコミュニケーションを大事にしています。

 この4月には、ルーキー4名とキャリア看護師2名が仲間に加わりました。
新社会人の4人の7-3ルーキー達も、パートナーシップナーシングシステムの元、日々身近で先輩ナースの指導を受けながら、経験を重ねています。そして、少しずつできることが増えてきました。病棟の雰囲気にも慣れてきました。そんな、ルーキー達を見てください!!

 病棟の係の活動にフィッシュ係があります。フィッシュ哲学を活用して、患者さんや家族の方々、そして働いて いる私たちも、明るく楽しくなれる企画を考え活動しています。 
  今年も、フィッシュ係が中心になって七夕飾りをしました。七夕の日に、4月から一緒に就職したキャリア看護師とルーキー2人でこれからの成長を祈ってパシャッ!

夜勤が始まる前に少し緊張気味のルーキーを、先輩パートナーが両サイドを囲んでパシャッ!
頼もしく成長しています。

  

 

 
 


 3-4病棟は脳神経外科・神経内科がメインの病棟です。私たちは患者さんや御家族との関わりを大切にし、安心して入院生活が送れるよう看護しています。
 病棟には、今年度4名の新人が入りました♪ここで、彼女たちの4ヶ月目のコメントを紹介します。
☆先輩達は、とても話しかけやすくて、仕事中に困ったことがあるとすぐ一緒にいる先輩に聞いて助けてもらっています。
☆地元沖縄を離れ、静岡に来ました。沖縄の家族や友人と離れて暮らすのはとても寂しいですが、先輩に温かく迎えて頂き、友達もでき楽しく仕事しています。
☆富士出身の私は一人暮らしを始めました。生活は不安ですが、先輩がいろいろ励ましてくれるのでとても嬉しいです。
☆私は、准看護師として老人ホームで働いていました。今年看護師免許を取得しました。洞察力がアップできるように頑張りたいです。

 病棟では、PNSを導入しパートナーと一緒に相談しながら働いています。3名の認定看護師もいて専門的な看護の提供が出来るように、またチームワークを大切にしながら明るく元気に看護しています。

   

 


 こんにちは☆3-5病棟です。
 3-5病棟は神経内科・リウマチ科・内科の患者さんが主に入院している病棟です。『スタッフみんなで作る病棟』をキーワードに職員一同協力しあい日々の看護に当たっています。病棟にはいろんな年代のスタッフがいますがスタッフ一人一人に壁はなく、よく話しよく笑う・・・そんな楽しい病棟です。
 そんな私たちが毎月力を入れているのが、病棟内を季節に合わせて飾り付けすることです。入院している患者さんが飾り付けを見て、少しでも季節を感じ、気分転換出来たらと考え作成しています。今回は6月の飾り付けを紹介したいと思います。今月に入りあじさいがきれいに咲く梅雨の季節になったので、今回はあじさいと虹を飾り付けました。患者さんや面会に来たご家族からも喜びの声をいただき、私たちもうれしく思っています。
 今後も様々な飾り付けを季節毎考えていきたいと思っていますので、是非お近くを通りかかった際には立ち寄ってみてくださ~い!!



  

 

 


前へ ホーム 次へ
↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.