日本赤十字社 静岡赤十字病院
看護部ブログ
 私たちオペ室は今年度2名の新人看護師と、病棟からの異動者1名が加わり、総勢30名ほどの部署です。私たちは、全身麻酔で眠っている患者さんを対象としていることが多いですが、局所麻酔での手術もあり、緊張や不安でいっぱいの患者さんがなるべく安心して手術をうけられるように、患者さんとのかかわりをとても大事にしています。
術前訪問を行い、術前から患者さんに必要な看護を考えるということも行っています。

 最近、オペ室が舞台のドラマが放送され、「私、失敗しないので…」という台詞が流行語大賞になりそうな勢いですが、失敗が許されない緊張のなか、手術が滞りなく終了するようにスタッフ一同毎日がんばっています。緊張続きの毎日ですが、8月の納涼会や12月の忘年会など、ノミニケーションで親睦を図っています。
 ところで、もうすぐ忘年会の季節ですね。オペ室の忘年会では、ナースだけでなく各科の医師や研修医も参加し、大人数でとても楽しい会となります。毎年、新人ナースや研修医、医師が、大爆笑の余興を披露します。今年は誰がどんな爆笑の渦を巻き起こしてくれるのか、今から楽しみです。


 

 


 1-6病棟は産科単科の病棟です。妊婦さんと産後の褥婦さん、生まれたばかりの新生児が入院しています。
 スタッフは助産師が37人、看護師3人と充実しています。そのため産前から産後まで一人一人の妊産婦さんと密に関わることが出来ています。
 病棟の助産師は外来においても、妊婦健診に来院される妊婦さんへ保健指導を行ったり、助産師外来ではローリスクの妊婦さんを医師の許可の元に診察しています。また産前・産後の教室も担当しています。特にマタニティヨガと産後ヨガが人気の教室です。マタニティヨガを取り入れてから出産時の呼吸法が上手な産婦さんが増えました。そして昨年度から始まった産後ヨガは3ヶ月以降の赤ちゃんと一緒に楽しめ、産後の運動不足の解消になると好評です。ぜひ体験してみてください。
 スタッフの中にはママさんも多く、時短制度を利用したり、勤務調整をしながら子育て中でも自分のペースを大切にし、仕事と生活を両立して働いています。個性豊かなスタッフが、お互いを高め合い、認め合える素敵な職場です。
 どこで出産しようかと悩んでいる妊婦さん、就職先を検討している助産師さん・看護師さん、一度1-6病棟へお越しください。お待ちしています。
 

赤ちゃんに癒される日々

産後ヨガ

 



ホーム

↑ページの先頭へ

Copyright © 2013 JAPANESE RED CROSS SHIZUOKA HOSPITAL All rights reserved.