ホーム病院からのお知らせ › 「一般市民及び患者さんのための講演会」を開催しました

このページを印刷する

お知らせ

お知らせ

2014年12月15日

「一般市民及び患者さんのための講演会」を開催しました

 12月11日(木)、第4回目となる「一般市民及び患者さんのための講演会」を開催しました。
 今回のテーマは「転倒しないからだ作り~ロコモティブシンドロームを知ろう~」。「ロコモティブシンドローム(以下「ロコモ」)」とは運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態で、進行すると介護が必要になるリスクが高くなり、「ロコモ」を予防することで健康寿命の延長が期待できるとのこと。近年、テレビやCMでも取り上げられ、話題性の高いテーマということもあり、多くの方にご参加いただきました。
 講師をリハビリテーション科の理学療法士が務め、日常の動作の中でどういった状態があるとロコモの心配があるかをチェックし、その後、片脚立ちやスクワットなどの予防体操(ロコトレ)を行いました。
 参加者からは「簡単にできるので、家でも続けていきたい」といった感想が聞かれました。
 

多くの方にご参加いただきました

スクワットにチャレンジ!!

ベッドで寝ながらできるロコトレも紹介

 

一覧に戻る