ホーム病院からのお知らせ › 糖尿病教室 食事会を実施しました

このページを印刷する

お知らせ

お知らせ

2013年8月23日

糖尿病教室 食事会を実施しました

 毎月行われている糖尿病教室の食事会。8月のテーマは「お祭りの屋台で食事をするポイント」。塩分やカロリーの制限があり、血糖値のコントロールが必要な糖尿病患者さんにとっては、お祭りの醍醐味でもある屋台の食事を楽しむのも至難の業。そこで、せっかくの機会を楽しんでもらおうと、食事会を担当している栄養課の指導の下、参加者たちは、どのように工夫すれば屋台の食事を楽しめるかを学びました。
 今回用意したメニューは焼きそばやフランクフルトといった王道の屋台メニュー。これだけでは、栄養が偏ってしまいます。そこで提案するのが、お祭りに出かける際には、コンビニなどで生野菜のサラダを買って行くこと。これにより栄養のバランスがよくなるため、あとは、食べる量などに気をつけて、食事を楽しみます。
会場は、屋台をイメージした飾り付けと、くじ引きコーナーや花火の音のBGMでお祭りの雰囲気を演出。食事会の後半に登場したかき氷屋に参加者からは歓声があがりました。提供したかき氷のシロップは、もちろんゼロkcalです。参加者からは、「おいしい屋台の食事と雰囲気に童心に帰った気分で楽しめた」「カロリーを気にせずにかき氷を食べることができて幸せです」といった嬉しい声を聞くことができました。

屋台に列を作る参加者たち

コンビニ風海草と生野菜たっぷりサラダを添えて400kcal

抹茶、コーヒー、カンロ、ミルク
お好きな味の特製ゼロkcalシロップでどうぞ!
 

 

一覧に戻る