ホーム病院からのお知らせ › 講演会「家庭で役立つ感染防止対策」を開催しました。

このページを印刷する

お知らせ

お知らせ

2012年12月5日

講演会「家庭で役立つ感染防止対策」を開催しました。

 12月4日(火)、第2回一般市民及び患者さんのための講演会を開催しました。
 今回のテーマは「家庭で役立つ感染予防対策」。冬に向かって流行するインフルエンザやノロウイルスに対し、どのように感染予防対策をすればよいのか、感染管理認定看護師の資格をもつ当院医療安全推進室の山田ちな美看護師と秋山裕子看護師が、具体的に実演しながらお話ししました。
 インフルエンザやノロウイルスはともに11月~4月にかけて流行し、1月以降ピークをむかえます。自分の身を守るためにも、感染を広めないためにも手洗い・マスクは重要です。看護師の指導の下、参加者は実際に消毒液を使って手洗い後の正しい消毒方法を実践したり、正しいマスクの装着方法を学んだりしました。

昨年に続き2回目の一般市民及び患者さんのための講演会。熱心にメモを取る姿も見られました。

吐物や下痢便の処理時は、マスクとビニール手袋を着用し、塩素系消毒剤(漂白剤)を使って消毒します。

マスクの周囲が顔と密着していないと効果を発揮しないため、自分の顔の大きさにあったサイズを選ぶことが大切です。

 

一覧に戻る